2005年は脳梗塞、2012年は狭心症、2015年は白内障

シェアする

綾小路きみまろさんではありませんが「あれから40年」。いや、「あれから50年」。

2005年は脳梗塞、2012年は狭心症、2015年は白内障、2015年の自動車運転免許証の更新は高齢者講習が必須(3年後の更新は、認知症検査が必須)、それに加えて頻尿腰痛手足の痺れ、2016年は晴れて後期高齢者の仲間入り。

41年間も留年し続けた会社を、晴れて卒業してから、はや14年。
1年が過ぎるのは速いもので、既に棺桶に首のあたりまで突っ込んでいます。

ところで、2012年に、ヒョンなことから発見された狭心症(冠動脈の目詰まり)ですが、3年後の2015年8月に一応完治しました。

狭心症(冠動脈の目詰まり)は、自覚症状を感じた時は心筋梗塞など、手遅れになることがあります。

私の近況に、
田舎村の近況(12)2012年 狭心症体験記 思いがけず発見された冠動脈の詰まり、心筋梗塞によるお陀仏を免れました 
を整理しましたので、参考にして下さい。

田舎村の近況(12)狭心症体験記・冠動脈の詰まり・心筋梗塞によるお陀仏を免れました
思いがけず発見された冠動脈の詰まり、心筋梗塞によるお陀仏を免れました 狭心症(冠動脈の詰まり)治療記 このページは田舎村の近況の別冊...

また、皆さんの役に立てばと思って、田舎村の近況(4)2005年 脳梗塞体験記 片側の眼球が動かない動眼神経の障害、軽い脳梗塞で脳味噌が腐る寸前、続いて顔面神経麻痺 も、恥を忍んで(?)公開しています。

田舎村の近況(4)脳梗塞体験記・片側の眼球が動かない動眼神経の障害・顔面神経麻痺
片側の眼球が動かない動眼神経の障害、軽い脳梗塞で脳味噌が腐る寸前、続いて顔面神経麻痺 脳梗塞+顔面神経麻痺の体験日記 このページは田...

私は望めませんが、皆さんの長寿をお祈りします。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る