「国勢調査オンラインのインターネット回答」サイトの不具合のため、ウィルス対策ソフトウェアを一時的に無効にしてから操作することも勧めていますが、絶対にお勧め出来ません。

シェアする

スポンサーリンク

「国勢調査オンラインのインターネット回答」サイトの不具合のため、ウィルス対策ソフトウェアを一時的に無効にしてから操作することも勧めていますが、絶対にお勧め出来ません。

平成27年の国勢調査「国勢調査オンラインのインターネット回答」サイトの不具合については、
国勢調査オンラインのインターネット回答」で不具合を発見
のページで状況をお知らせしましたが、その後の状況を、ページを改めて書いておきます。

巨額な血税を投入した「国勢調査オンラインのインターネット回答」に不具合あり、その上、「国勢調査コールセンター」の電話代は有料
平成27年の国勢調査が始まりました。 9月11日に調査員の方が来られて「インターネット回答の利用案内」を貰いました。 ここで最初の問...

関係省庁からの不具合に対する返答

「国勢調査オンラインのインターネット回答」サイトの不具合の状況は、首相官邸サイトの「ご意見・ご感想」ページ(http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html)を使用して、9月12日朝(午前6時頃)送信してあります。
テーマ : 【至急】「国勢調査オンラインのインターネット回答」のサイトの不具合について
ご意見・ご要望 : 【至急、関係省庁へ回して、対策をお願いします。対策後の結果の回答も厳守して下さい。】
9月11日に調査員の方が来られて「インターネット回答の利用案内」を貰い、
9月11日に早速指定されたサイトへ接続して入力を開始。
・・・以下、省略・・・

———————————————————-

2015年9月13日07時現在、返答が到着していません。
メールでの返答が到着するまで、暫くお待ち下さい。

返答が到着したら、この下に挿入しますが、
「美しい日本」などと、具体性の無いことを口先だけでチャラチャラと喋るしかなく、自信がなくなると政権を放り投げて仮病で隠れてしまうなど、同じ山口県出身の私が非常に恥ずかしい思いをしている「安倍首相」では、返答を待つのは、バカの骨頂かもしれませんね。

2015年9月15日07時現在、返答が到着していません。
早くしないと、国勢調査の回答期限、9月20日に間に合わなくなり、用紙を配布しての調査が増え、調査員の人件費をムダ遣いすることになりますが・・・【陰の声・表の声】回答担当者は、穴に潜って、9月21日になるのを待っています。

待ちに待った首相官邸からのメールが到着しました。
しかし、例によって、国民をバカにした、なんと情けない内容!

———-
 発信日時:2015/09/15 09:40:11
件名  :[首相官邸より]
内容  :ご意見等を受領し、拝見しました。
首相官邸ホームページ「ご意見募集」コーナー担当 

———-
この程度のコピペ返答メールを発信するだけで、国民の血税を使って高給を払っているが、税金のムダ遣いでしかありません。私が報酬無しのボランティアで代行しましょうか、安倍首相殿。

[2015/09/20追記]9月20日に、総務省の国勢調査担当から返答が来ました。巨額な血税を投入しながら不具合を抱えた平成27年度(2015年)の「国勢調査オンラインのインターネット回答」が終わりましたをご覧下さい。

巨額な血税を投入しながら不具合を抱えた平成27年度(2015年)の「国勢調査オンラインのインターネット回答」が終わりました
巨額な血税を投入しながら不具合を抱えた平成27年度(2015年)の「国勢調査オンラインのインターネット回答」が終わりました 巨額な血税を投...




「国勢調査オンライン」サイトに「重要なお知らせ!」が表示された
しかし・・・

2015年度の国勢調査は回答済なので用事はないのですが、苦情を言ったからには、某日本国の国会議員のように「言いっ放しでウヤムヤにして幕引き」は出来ませんので、「国勢調査オンライン」サイトを開いてみました。

9月11日に不具合に遭遇し、国勢調査コールセンターへ電話した時、女性(名前は記録していますが、書きません)の担当者から「前回は東京で試行してみて問題がなかった」とのことを聞いたが、誠に恥ずかしいことに、「重要なお知らせ!」が表示されていました。

ところで皆さん、この「重要なお知らせ!」の追加表示には、どれくらいの血税を使ったのか知りたいとは思いませんか?
ズブの素人の私が、自分のホームページへ追加するのであれば、所要時間は約15分。費用はゼロです。

SC20150913-052415-00

この「重要なお知らせ!」には、「ログインできない場合や、回答の入力途中に「次へ進む」などのボタンが反応しなくなった場合の対処方法はこちらをご覧ください。 」と書かれているので、「こちら」なるページを開いてみました。

開いたページには、
SC20150913-053132-00
があり、下図のように、
Q.「次へ進む」などのボタンを押しても何も反応がないので、回答できない
との苦情があり、この件に関する回答が書かれています。
SC20150913-053132-02

しかし、この回答欄に書かれている内容に、ズブの素人の私でさえ非常に気になり、無責任なことが書かれています。
「国勢調査オンライン」サイトは、その道のプロの作成であろうし、巨額な税金を投入して作成されたものでしょうから気にすることはないのでしょうが、政府、省庁、関連機関のやることは、先般の日本年金機構の情報流出騒動のようなことにならないかと、どうしても疑ってしまいます。

非常に気になり、無責任なこととは、
「~~ウィルス対策ソフトウェアを一時的に無効にしてから操作する~~」の文章。

その下のほうに、
ウィルス対策ソフトウェアを一時的に無効にした場合は、回答送信後、忘れずに有効に戻してください。
と書かれているが、日本年金機構の情報流出や、政府機関のホームページを模倣したウェブサイトについて などのような例もあり、ウィルス対策ソフトウェアを一時的に無効にしてから操作することは絶対にお勧め出来ません

国民に何かあっても、政府、省庁、関連機関は補償してくれませんよ。

それにしても、政府、省庁、関連機関のマンマンデーな仕事ぶりは羨ましい限りです。
私は、民間企業の厳しい環境の中で40年超の間も揉まれて過ごしてきたので、このような仕事ぶりを見ると、イライラしてストレスが貯まる一方。
皆さんは、いかがですか?




ウィルス対策ソフトウェアを一時的に無効にしてから操作した場合は、パソコン等の全体のウイルス検査をしておくことをお勧めします

ウィルス対策ソフトウェアを一時的に無効にしてから操作した場合は、必ず、パソコン等の全体のウイルス検査をすることをお勧めします。

また、インターネットに接続された環境で、ウィルス対策ソフトウェアを一時的にでも無効にしてから操作することは絶対にすべきことではなく、無効にすることは自己責任であることを肝に命じて下さい。

なお、「こちら」なるページに、「~~Google Chromeでは問題なかった~~」と書かれていますが、Google Chromeは、Googleへ何らかの情報が流れているのではないかとの問題で、私は、現在のところ大事なサイトへの接続には使用していません。・・・最近はどうなったのかは判りませんが、参考までに。

それにしても、「こちら」なるページの文章は、その道のプロの文章でしょうか?
私は1年先には後期高齢者の仲間入りする老いぼれであり、ズブの素人。
素人でありながら、2000ページを超えるサイトを2つ運用していますが、「ウィルス対策ソフトウェアを一時的に無効にしてから操作して下さい」などと書いたことはありません。
何か問題が発生した場合は、毎年目減りする年金生活では、責任をとることは不可能です。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る