巨額な血税を投入した「国勢調査オンラインのインターネット回答」に不具合あり、その上、「国勢調査コールセンター」の電話代は有料

シェアする

平成27年の国勢調査が始まりました。
9月11日に調査員の方が来られて「インターネット回答の利用案内」を貰いました。

ここで最初の問題点を発見。

「平成27年国勢調査 インターネット回答の利用案内」と書かれた封筒は、「市区町村コード」「調査区番号」「世帯番号」が透けて見えるが、この封筒の表に「我が家の名前」が鉛筆で書かれている

「我が家の名前」が鉛筆で書かれているのは、間違えないように配布するために必要なのかもしれないが、この封筒の中には、最も大事にしなければならない「調査対象者ID(ID)」と「初期パスワード(Password)」が書かれた「平成27年度国勢調査 インターネット回答の利用者情報」の印刷物が入っていて、この封筒は、糊付け等の封がされていない状態である。

この状態では、「我が家の名前」と「調査対象者ID(ID)」と「初期パスワード(Password)」の関連を公開しているのも同然。

個人情報の保護は、口先だけで、実行は全く伴っていなく、国民の血税をムダ遣いしている総務省の役人のマンマンデーぶりを、改めて知らされた次第である。


さて、最初の問題点で横道にそれましたが、ここからが本題です。

9月11日に早速指定されたサイトへ接続して入力を開始。
しかし・・・「国勢調査オンラインのインターネット回答」で不具合を発見


(このページを下までご覧頂き、続きは、国勢調査オンラインのインターネット回答」サイトの不具合・・・その後に書きますので、このページの後でご覧下さい。)

「国勢調査オンラインのインターネット回答」サイトの不具合のため、ウィルス対策ソフトウェアを一時的に無効にしてから操作することも勧めていますが、絶対にお勧め出来ません。
「国勢調査オンラインのインターネット回答」サイトの不具合のため、ウィルス対策ソフトウェアを一時的に無効にしてから操作することも勧めていますが...
スポンサーリンク

「国勢調査オンラインのインターネット回答」で不具合を発見
Windows 10 の Internet Explorer 11では動作しない

SC20150911-154741-00
1ページ目の「①世帯員の数及び世帯の種類」のページで「人数」を入力し、「一般世帯」にチェックが付いていることを確認して「次へ進む」のボタン(下図の赤枠)をクリックしても全く応答なし。
SC20150911-154741-02

何回も「次へ進む」のボタンをクリックしても応答しないので、右上の「X終了」ボタンをクリックして終了しようとしたが、このボタンも応答しない。
SC20150911-154741-04

結局は、ブラウザを閉じて終了。

回答に使用したパソコンは、
自作パソコンNo.1常用機」。
Windows 10 Pro 64bit・・・ Windows 8.1をアップグレードしたもの
ブラウザ・・・Internet Explorer 11




国勢調査コールセンターへ電話

3回(内1回はパソコンを再起動して)ほど指定されたURLのサイトへ接続して入力を試みたが状況は同じため、日本年金機構の情報流出のように「国勢調査オンラインのインターネット回答」のサイトもウイルスに侵されて、「次へ進む」のボタンをクリックした時に私のパソコンの情報を抜き出されているではないかと疑って、「国勢調査コールセンター」(0570-**-****)へ電話。
最初は男性が受け付けて、女性が対応。
途中で調べているのか?電話を待たされて、不具合状況に対する明確な回答が無い。

多額の血税を投入した「国勢調査オンラインのインターネット回答」システムの不具合と思われるが、「国勢調査コールセンター」(0570-**-****)への電話代は、血税を取られた国民から二重取りですから、毎年減らされる年金生活者には厳しい負担ですぞ。
・・・電話代は、私の方へ返却するように担当者へ依頼済み。

もう1台のパソコンで、Windows 7 、Windows 8.1 、Windows 10 の Internet Explorer 11で試してみた・・・やはり、動作しない

国勢調査コールセンター」(0570-**-****)の担当者からは、調査して、後ほど電話するとのことであったので、それまでに、「自作パソコンNo.2予備機」でテストを実施。
自作パソコンNo.2予備機」は、
Windows 10 Pro 64bit・・・ クリーンインストール
Windows 8.1 Pro 64bit・・・ クリーンインストール
Windows 7 Home 32bit・・・ クリーンインストール
以上、3つの Windows が動作可能。
3つのWindows とも、余分なソフトウエアがインストールされていない
ブラウザ・・・Internet Explorer 11


「自作パソコンNo.1常用機」は Windows 8.1をアップグレードしたものであり、以前の Windows 8.1の悪い設定を引き継いでいる可能性があるため、クリーンインストールされ、余分なソフトウエアがインストールされていない「Windows 10 Pro 64bit」「Windows 8.1 Pro 64bit」「Windows 7 Home 32bit」の3つの Windows の Internet Explorer 11 で、それぞれ確認。

結果は、
3つの Windows とも、1ページ目の「①世帯員の数及び世帯の種類」のページで「人数」を入力し、「一般世帯」にチェックが付いていることを確認して「次へ進む」のボタン(下図の赤枠)をクリックしても全く応答なし。
クリーンインストールされた Windows 、 Internet Explorer 11 でも不具合が発生。

2台目のパソコン「自作パソコンNo.2予備機」は、3つのWindows で3台分に匹敵するので、4台のパソコンで不具合が発生したことになる。

最初のパソコンの Windows 10 Microsoft Edge でテスト

「自作パソコンNo.1常用機」。
Windows 10 Pro 64bit・・・ Windows 8.1をアップグレード
ブラウザ・・・Microsoft Edge

1ページ目の「①世帯員の数及び世帯の種類」のページで「人数」を入力し、「一般世帯」にチェックが付いていることを確認して「次へ進む」のボタンをクリックしたら2ページ目へ進み、全ての入力が完了してデータ送信。
アンケートも送信して国勢調査を完了。




お知らせ

皆さん、同じような症状が現れてお困りの方は、 Microsoft Edgeでお試し下さい。
但し、私は、Microsoft Edgeには諸々の問題がありますので、Internet Explorer 11を常用しています。


9月12日は、念のために、「自作パソコンNo.1常用機」の全ファイル(オブジェクト)のウイルス検査を実施しておきました。
—> 自作パソコンNo.1常用機の、全ドライブ・全ファイル(オブジェクト)のウイルス検査を実施


なお、この不具合の状況は、首相官邸サイトの「ご意見・ご感想」ページ(http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html)を使用して、9月12日朝(午前6時頃)送信しておきました。
インターネットでの回答期限は9月20日ですから、直ちに何らかの対策がされると思いますし、必ず回答が貰えると思いますので、回答がありましたら、このページでお知らせします。

——送信内容—–
  テーマ : 【至急】「国勢調査オンラインのインターネット回答」のサイトの不具合について
ご意見・ご要望 : 【至急、関係省庁へ回して、対策をお願いします。対策後の結果の回答も厳守して下さい。】
9月11日に調査員の方が来られて「インターネット回答の利用案内」を貰い、
9月11日に早速指定されたサイトへ接続して入力を開始。
・・・以下、省略・・・

関係省庁からの不具合に対する返答

メールでの返答が到着するまで、暫くお待ち下さい。

[2015/09/20追記]9月20日に、総務省の国勢調査担当から返答が来ました。巨額な血税を投入しながら不具合を抱えた平成27年度(2015年)の「国勢調査オンラインのインターネット回答」が終わりましたをご覧下さい。

巨額な血税を投入しながら不具合を抱えた平成27年度(2015年)の「国勢調査オンラインのインターネット回答」が終わりました
巨額な血税を投入しながら不具合を抱えた平成27年度(2015年)の「国勢調査オンラインのインターネット回答」が終わりました 巨額な血税を投...

————-
マンマンデー(皆さん、この言葉をご存知ですか?)のお役所仕事ですから、通り一遍の、要望を受け取ったとの無駄なコピペ回答が関の山で、「国勢調査オンラインのインターネット回答」の回答期限までには返答がないはず(速い返答があれば、天地がひっくり返ります)ですから、多分、このページは完結出来ないことと思います。

従って、続きは、
国勢調査オンラインのインターネット回答」サイトの不具合・・・その後
に書きますのでご覧下さい。

「国勢調査オンラインのインターネット回答」サイトの不具合のため、ウィルス対策ソフトウェアを一時的に無効にしてから操作することも勧めていますが、絶対にお勧め出来ません。
「国勢調査オンラインのインターネット回答」サイトの不具合のため、ウィルス対策ソフトウェアを一時的に無効にしてから操作することも勧めていますが...
スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る