「Aero Lite」を使用してウインドウの枠に色を付ける(Windows 10)

シェアする

Windows 10 で、ウインドウの枠に色を付ける方法を2つばかり試してみました。

ここでは、「Aero Lite」を使用してウインドウの枠に色を付けてるみました。

Aero Lite」については、
—> Windows 10 で、隠しテーマの「Aero Lite」を使用できるようにする をご覧下さい。

隠しテーマの「Aero Lite」を使用可能にする(Windows 10)
Windows 10 にアップグレードしてから、ウインドウの枠が白っぽくなり、デスクトップに数多くののウインドウを開いて作業する私に...
スポンサーリンク

注意 試してみる前に実施しておくこと・・・現状をメモしておく

この類のことはレジストリの設定を変更しますので、元の状態に戻せなくなり、パニック状態に陥ることがありますので、操作する内容に合わせて、現状の設定をメモしておいて下さい。

Aero Lite」を使用してウインドウの枠に色を付ける場合ですが、
私の場合は、レジストリの「HKEY_CURRENT_USER」-「Control Panel」-「Colors」まで展開し、「Background」記録された設定値をメモしておきました。
なお、展開した「Colors」のデータは、念のために、全てをキャプチャーして保存しておきました。・・・下図。
—> Windows 10 の デスクトップの背景色の格納場所 をご覧下さい。

デスクトップの背景色の格納場所(Windows 10)
Windows 8.1 から Windows 10 へアップグレードした後、新たなWindows 10 の使い勝手を少しでも良くしよ...

SC20151217-155053-00

スポンサーリンク

「Aero Lite」を使用してウインドウの枠に色を付ける

1.「設定」-「パーソナル設定」-「テーマ」-「テーマの設定」を開く。

2.「個人設定」画面が開き、「Aero Lite」は既に使用できるようにしてある ので、インストールされているテーマの中に「Aero Lite」が表示されている。
SC20151217-154929-00

3.この「Aero Lite」(赤枠で囲んだ所)をクリックするとテーマが適用され、ウインドウの枠に色が付きました
SC20151217-164104-00

4.アクティブなウインドウも、非アクティブなウインドウも、下図のように色が付いています。
SC20151217-164604-00

5.ここまでは良かったのですが、下図のように、デスクトップの背景は真っ黒タスクバーの文字が真っ黒で読めません。
SC20151217-165310-00
6.ここで、レジストリの「HKEY_CURRENT_USER」-「Control Panel」-「Colors」までを展開して、保存しておいたものと比較してみました。

変わっていたのは「Background」のデータだけで、「10 59 118」だったものが、「0 0 0」(黒)に変わっていました。
SC20151217-170254-00

スポンサーリンク
7.「Background」のデータ「0 0 0」を「10 59 118」に変更します。
7-1.「Background」の文字の上でダブルクリック、または、右クリックして「修正」を選択すると「文字列の編集」画面が開く。
SC20151217-171236-00

7-2.「値のデータ」に「10 59 118」を入力して「OK」をクリックする。
SC20151217-171258-00

7-3.レジストリの「Background」を確認。
10 59 118」になっていました。
SC20151217-171354-00

8.再起動したら、デスクトップの背景色は元の色と同じになりましたが、タスクバーの文字は真っ黒のまま。
SC20151217-171750-00

9.他のサイトの方も、タスクバーの文字が黒くなることまでは書かれていますが・・・
10.これでは使い物にならないのですが、一旦は脳味噌が腐った私の頭脳では、ここまでで限界。
そのうち、タスクバーの文字色の変更方法が探し当たると期待して、現在の設定を残しておくことにしました。

11.「設定」-「パーソナル設定」-「テーマ」-「テーマの設定」を開いたら、今のテーマが「未保存のテーマ」として表示されていたので、
SC20151217-171921-00

12.「Windows10-AeroLite-20151218」の名称で保存しておきました。
SC20151217-172155-00

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る