フィルターキー機能を呼び出すと シフトロックが有効になる

シェアする


shift-key-rock1
皆さん、Shiftキーを押し続けていたら、ピョヨーンと音がして、上の図のような表示が現れたことはありませんか?
私は、Windowsの調子が度々悪くなり、ソフトのインストールを何度も行いますが、旧バージョン確認のために、光学ドライブにCD-ROMを挿入した時、自動起動させたくないためにShiftキーを押し続けますが、ピョヨーンと音がして、この画面が現れてしまいます。また、エクスプローラでファイル操作をしている時、Shiftキーを押してアレコレしているうちにピョヨーン。
この画面は、「Shiftキーが8秒間押されていたため」に出る仕様なので仕方ないことなのですが、出た後の処置には困ります。


フイルターキーを取り消すには、[キャンセル]をクリックしてください。」とありますので、[キャンセル]をクリックしたらお手上げ状態に陥ります。
例えば、デスクトップのショートカットアイコンを削除しようとしてクリックしたら、左上のアイコンからクリックしたアイコンまでの全てが反転して選択されてしまいます。このまま削除してしまえば、削除してはならないアイコンも削除されてしまうことになります。
これは、Shiftキーロックされた状態だと思いますが、Shiftキーロックを解除する方法が判りませんし、アレコレとキーを押してみますが解除されません。
まあ、通常の使用においてはShiftキーを長く押すことはないので、黙認していたのですが、先日から、ハードディスク内のデジカメ写真データのDVD-Rメディアへのバックアップでピョヨーンの連続発生。 ついに頭にきてしまい、対処法探しをしました。

スポンサーリンク

フィルターキー機能を呼び出すと シフトロックが有効になる・・・Windows XPの例

Microsoft サポート オンラインに、
文書番号: 833870 – 最終更新日: 2003年12月17日 – リビジョン: 1.5
Windows XP でフィルターキー機能を呼び出すと シフトロックが有効になる

があるのを探し当てました。
記載されている概要は下記の通りです。


現象
キーボード上の右側にある Shift キーを 8 秒間以上押し続けて Microsoft Windows XP のフィルター キー機能を呼び出すと、シフトロックが有効になってしまう場合があります。


原因
(・・・省略します)


解決方法
この問題を解決するには、Windows XP の最新の Service Pack を入手します。(・・・以下、省略します)


回避策
左シフトキーを一度押すとシフトロックは解除されます。


状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、 Windows XP Service Pack 2 で修正済みです。

Windows XP Service Pack 2 で修正済み・・・本当ですかねえ??

文書番号: 833870に記載されている内容では、「Windows XP Service Pack 2 で修正済み」とありますが、私の場合は、現在のところ「Service Pack 」で問題が発生しています。
Service Pack 2」で修正したものを、「Service Pack 」では、悪い方へ戻したのでしょうか?
それとも「Service Pack 」は、解決方法に書かれている「最新の Service Pack」ではないような気がします。
私のWindows XP ProfessionalService Packが発表される都度、適用してきましたが、 「Service Pack 2」でも同じ問題は発生していましたよ。

シフトロックへの対処方法・・・左シフトキーを押して下さい

文書番号: 833870に記載されている 回避策、「左シフトキーを一度押すとシフトロックは解除されます。」は、間違いなくシフトロックは解除されます。
あと何年かで寿命をまっとうする余命すくないWindows XPについては、ピョヨーンと音がしたら、「左シフトキーを押してロックを解除」することにしなければなりませんね。

【追記】シフトロックについて

シフトロックの発生は、 Windows XP だけではありません。
他の Windows でも発生します。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る