「コントロールパネル」のアイコンをデスクトップに表示(Windows 10)

シェアする

私は、「コントロールパネル」のショートカットを作成してデスクトップへ置いていて、これを使っているので Windows 10 Creators Update により、ステートメニューから「コントロールパネル」が無くなったことに気が付きませんでした。

「コントロールパネル」の機能は、スタートメニューの「設定」に移行されているようですが、この「設定」の使い難いことは天下一品です。

スポンサーリンク

コントロールパネルのアイコンをデスクトップに表示(Windows 10)

簡易的な方法

  1. 「スタートメニュー」の「アプリ」から「Windows システム ツール」を展開し、「コントロールパネル」を選択する。
  2. コントロールパネル」を右クリックして、「スタートにピン留めする」を左クリックする。
  3. スタートパネルに「コントロールパネル」が作成される。
  4. 作成された「コントロールパネル」をデスクトップの空いている場所へドラッグ&ドロップする。
    この時、下図の禁止マークなどが現れるが、無視してドロップする。
  5. デスクトップへ「コントロールパネル」のショートカットアイコンが出来ました。

スポンサーリンク

正式な方法

  1. 「スタートメニュー」-「設定」から「個人用設定」を開く。
  2. 「テーマの設定」画面から「デスクトップ アイコンの設定」を選択する。
  3. 「デスクトップ アイコンの設定」が開くので、「コントロールパネル」にチェックを付けて「OK」をクリックする。
  4. デスクトップへ「コントロールパネル」のアイコンが出来ました。

    簡易的な方法では、アイコンにショートカットであることのマークが付いていましたが、この方法ではマークが付いていません。
    どちらの方法でも「コントロールパネル」は開きます。
スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る