Windows 10 Creators Update後の不具合

シェアする

2017年6月27日に ASUS TransBook T100HA の Windows 10 Creators Update したのに続いて、 7月2日に 自作パソコンNo.1常用機の Windows 10 Creators Update しましたが、Anniversary Update の時と同様に、苦労してセットアップした設定が、トランプ大統領が「我が道を行く」をひた走っているように、ユーザーの思いは全く無視して「我が道を突っ走る Microsoft」の陰謀により、Microsoft の意向通りに初期化されてしまいました。

初期化されてしまった設定を元に戻したり、使い勝手が悪くなったことを良くしたり、これから不都合な事態に遭遇した時に少しずつ手直ししていきますので、実施した都度、この記事に追加していきたいと思います。

この記事の前に下記の記事をご覧下さい。

Windows 10 を Creators Update
2017年6月27日に ASUS TransBook T100HA で Windows 10 Creators Update を実施...

なお、私は Windows 10 Creators Update 版の機能を全て使用することはないので、全ての機能を検証する必要はなく、私が使用する機能の範囲で遭遇した不都合な事だけに限定して記録しておきます。

Windows 10 Creators Update に関する内容は、パソコンの月刊誌に掲載されていますので、宣伝じみてはいますが、そちらを参考にして下さい。


参考までに、ASUS TransBook T100HA の時の記事もご覧下さい。

ASUS TransBook T100HA で Windows 10 Creators Update を実施(2/2)
「ASUS  T100HA で Windows 10 Creators Update 版が使えます!!」 2017年6...

Windows 10 Creators Update 版を使っていると、バグだろうと思われる事象にも遭遇します。Creators Update する時期を延期しても、いずれは実施しなければならなくなると思いますので、バグが含まれていることを覚悟のうえで実施して下さい。

Creators Update してから10日間を過ぎると、拒否画面が現れて、元に戻せません。・・・Update時のファイルは削除していませんが・・・

スポンサーリンク

自作パソコンNo.1常用機 の Windows 10 Creators Update に発生した不具合を処置するとともに、使い勝手のアップ

2017年7月2日に完了した 自作パソコンNo.1常用機 の Windows 10 Creators Update 版のデスクトップです。

フォントが「Yu Gothic UI 9pt」に初期化されてしまった・・・noMeiryoUI(システムフォント変更)を使って、フォントの種類と表示サイズを変更

Windows 10 Creators Update後にデスクトップに表示された文字は、 ASUS TransBook T100HA の時と同様に設定が初期化されて、「Yu Gothic UI 9pt」。

このような小さな文字では、私のボケ気味の目では歯が立ちません。

Updateの前は、noMeiryoUI(システムフォント変更)を使って、フォントの種類を変更し、文字サイズを大きくしていましたので、今回のUpdate後も noMeiryoUI(システムフォント変更)を使用してフォントを変更しました。


Windows 10 Creators Update後のフォントは、「Yu Gothic UI 9pt」です。

フォントの種類は、これまで見慣れた「MS UI Gothic」、サイズは「11pt」に変更します。

全てのフォントを「MS UI Gothic 11pt」に設定しておきました。


変更前と変更後の状態をご覧下さい。

変更前

変更後・・・私のボラ目でも楽々と読めます。

スポンサーリンク

スパム糞メールのフィルタリングソフト「SpamDump」が起動しなくなった・・・「SpamDump.msi」ファイルが納まったホルダの場所を再設定

スパム糞メールの振り分けに大活躍の「SpamDump」が、「SpamDump.msi」ファイルが納まっているホルダが見つからないとのエラーで、起動しなくなりました。

Explorerで「SpamDump.msi」ファイルのホルダの場所を調べて再設定したら、無事に働くようになりました。

なお、下の画面は、スパム糞メールとしてトイレに自動的に流されたメールです。

下記の記事を参考にお読み下さい。

【緊急注意報】【続編】「amazon」「rakuten」「yahoo」「adidas」「アディダス」「RayBan」「レイバン」などを騙るフィッシングメール
【続編】中国から発信の「amazon」「rakuten」「yahoo」「adidas」「アディダス」「RayBan」「レイバン」などを騙...

タスクバーに「開かれた封筒のアイコン」が追加されている・・・不要なためタスクバーからピン留めを外す

起動してみたら、メールソフトのようなものが現れました。

私は、メールソフトは「Becky! Internet Mail Ver.2 (Version 2.73.00)」と、スパム糞メールのフィルタリングソフト「SpamDump」を使っていますので、訳の分からないメールソフトのようなものは、タスクバーからピン留めを外しておきました。

スポンサーリンク

テキストファイルを表示するソフトが「メモ帳」に変わっていた・・・既定のアプリを「EmEditor」に戻す

テキストファイルを開いてみたら、何か雰囲気が違うので、目を皿のようにして眺めてみたら、左上に、遠慮がちに「メモ帳」と表示されていました。

私は「.xml」ファイルなど、「UTF-8」形式のファイルの編集も多いため「EmEditor Professional (64-bit)」を使用中。

先ず最初に「.txt」ファイルの規定のアプリを「メモ帳」から「EmEditor」に変更しました。

機能の豊富な、使い慣れた「EmEditor」で表示されました。


この他、既定のアプリの設定画面で、気が付いたものを「メモ帳」から「EmEditor」に変更しておきました。

.ini

.log

.xml

Microsoft IME で、[F10]キーを2回連続して押して現れていた「記号・特殊文字」の選択プルダウンが現れなくなった・・・こればバグだと思います

このサイト内の記事にもあちらこちらでお目に掛かれると思いますが、私が度々使用するのは、「」「」「」などです。この記号は「緊急注意報」などで使用しています。

私は、Microsoft IME を常用していますが、「」「」「」などの記号や特殊文字を入力する時は、入力モードを「ひらがな」にして[F10]キーを2回連続押したら現れる候補のプルダウンから選択して入力していました。

ところが、Creators Update してからは、[F10]キーを2回連続押しして現れるのは、下図のような訳の分からないもの。
候補として現れるのは「」と「」の2つだけ。
「Tab キーで予測候補を選択」と表示されていますので「Tab キー」を押してみましたが何も応答はなし。

訳の分からないプルダウンの表示が消えた後は「」の文字が入力されていました。

これはバグだろうと思いますが、バグが修正されるまでの一時しのぎとして、「【緊急注意報】」を「きんきゅう」で単語登録しておきました。


なお、自作パソコンNo.2予備機は、Creators Update により落とし穴に落ちた場合、這いあがることが出来ない場合に備えて、Creators Update しないまま温存してあります。

この自作パソコンNo.2予備機で、[F10]キーを2回連続押しして現れるプルダウンをご覧下さい。

スポンサーリンク

「.pdf」ファイルの既定のアプリとして設定していた「Adobe Acrobat Reader DC」が設定から外れていた・・・「Adobe Acrobat Reader DC」を既定のアプリに再設定

.pdf」ファイルについては、「確定申告」や「クロネコヤマトの送り状」などの印刷などに使用していますが、昔から使い慣れた「Adobe Acrobat Reader DC」を使い続けています。

.pdf」ファイルを開こうとしたら

Adobe Acrobat Reader DC」が立ち上がらず、「.pdf」ファイルのアプリを選択する画面が現れました。

常にこのアプリを使って .pdf ファイルを開く」にチェックを付けて「OK」を押しておきました。

「EmEditor」が異常終了・・・Emurasoftへ異常終了の報告

EmEditor Professional (64-bit) Version 16.9.3」(有料版の最新バージョン)が異常終了。
EmEditor」は昔から使用していますが、異常終了は初めてです。
Creators Update の前までは全く問題はありませんでした。

異常終了時に作成されたファイル「Crash-2017-07-09-051908.txt」をEmurasoftへ送付。


Emurasoftから連絡があり、他でも同様なエラーが発生しているとのこと。
送付したファイルを解析した結果は、Microsoft IME に不具合があるとのこと。
不具合修正された Windows Update を待つしかないようです。

不可解な動きをしている「メール」アプリ・・・使いものになりません

Windows 10 の「メール」アプリについては、相手からのメールが受信されなかったり、送信したメールが相手に届くのが翌日になったり。

Windows 10 Creators Update 以前からの不具合かもしれませんが、大変な事態に遭遇しました。

詳しいことは下記の記事をご覧下さい。

【注意報1】不可解な動きをするし、使いものにならない Windows 10 付属の「メール」アプリ
現在、我が家の家族の一員が、2016年11月に組み立てた 自作パソコン(No.3)を使用しています。 この自作パソコン...

不具合を発見し、処置を実施したら順次追加していきます

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る