2017年4月17日は春の嵐、NH637便は羽田から岩国へ来て、着陸できずに羽田へ引き返し

シェアする

2017年4月17日の西日本は大荒れの天気。
豪雨と強風のために、広島市では避難指示が発令されました。

当地、岩国市でも屋根瓦を叩きつける雨の音が、米軍の戦闘機の轟音より大きい始末。

先日から、悪天候のために羽田便、那覇便に影響が出ている岩国錦帯橋空港ですが、夕方のテレビニュースでは羽田行きの一便が運休になるとのこと。

翌4月18日に、Flightradar24でチェックしてみたら、4月17日のNH637便は、羽田を出発して通常のルートで岩国へ来たが滑走路へ着陸できず、米軍岩国基地沖から柳井市方面をグルリと回って、通常のルートで出発地の羽田へ引き返していました。(Diverted to HND)
4月17日は、岩国錦帯橋空港の近くの、広島空港、松山空港、宇部空港、福岡空港も大荒れのため、羽田へ向かったのでしょうね。



(上の図はFlightradar24のデータを借用しています。)

NH637便で羽田から岩国へ向かわれた皆さんは出発地の羽田へ連れ戻されましたが、NH637便の次の、羽田発20:05 NH639便に間に合ったのでしょうか?・・・NH639便は正常に運行したようですが・・・

なお、NH637便の機材(JA52AN)を使用する予定の羽田行きNH640便は、当然のことながら運休(Canceled)になっていました。・・・羽田行きの最終便の運休は困ったものですが、自然の猛威には勝てません。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る