旧Windowsのプロダクトキーで Windows 10 のクリーンインストールが出来るDVDを作成(Windows10)

シェアする

Windows10 を バージョン1511 OSビルド 10586.29 にアップグレード後は、旧Windows のプロダクトキーが使えるようになり、旧Windows のプロダクトキーで Windows 10 をクリーンインストール出来るようになったのですね。
下の方にあります —> 下の [3.]項へ進む前にに、「旧Windowsのプロダクトキーでクリーンインストールが可能」なことを書いておきました。

私は、2015年8月のアップグレードの時、手持ち3台のパソコンを全て Windows 10 にアップグレードしたのですが、1年後以降からのクリーンインストールの時はどうすれば良いのかと心配していたのですが、心配無用になるのでしょうか?

2015年12月9日~10日に、Windows10 を バージョン1511 OSビルド 10586.29 にアップグレードした3台のパソコン自作パソコンNo.1(常用機)、自作パソコンNo.2(予備機)、Acerノートパソコンは、12月20日現在、調子よく働いていますので、当面クリーンインストールすることはないのですが、緊急事態が発生した時に慌てないように、準備をしておくことにしました。

スポンサーリンク

旧Windows のプロダクトキーの確認、保存

旧Windows のプロダクトキーが使えるとなるとプロダクトキーを忘れないようにしなければならないので、プロダクトキーが書かれたパソコン内のファイルを探し出して、プロダクトキーを一つのファイルに纏めておきました。

現在手持ちの Windows のプロダクトキー(Windows 7 以降)は、DVDメディアと共に、6つ出てきました。
Windows7 Home Premium SP1 32bit・・・PK9JP-8GQQ4-以降省略
② Windows7 Home Premium 32bit・・・GKRQF-2J2C2-以降省略
③ Windows8 Pro 64Bit/32Bit アップグレード版・・・GT3X6-QT7X8-以降省略
④ Windows8 Pro 64Bit/32Bit アップグレード版・・・GPC6D-CDTPY-以降省略
⑤ Windows8 Pro 64Bit/32Bit アップグレード版・・・GJP8Y-M68C7-以降省略
⑥ Windows8 Pro 64Bit DSP版・・・D7B3X-2NYRK-以降省略

Windows 10 が調子よく働いているので、DVDメディアとプロダクトキーを廃棄処分しようかなと思ったのですが、慌てて捨てなくて良かったです。

Windows 10 クリーンインストール用DVDメディア作成の準備

当面、クリーンインストールする必要がないので、インストール用のメディアを作成するまでを実施しておきます。

1.https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10に接続する。
(キーワード「Media Creation Tool」で検索しても見つかる)
SC20151220-114316-00

2.開いたページをスクロールすると、「ツールを今すぐダウンロード」のボタンがあるのでクリックする。
SC20151220-114224-00

下の [3.]項へ進む前に

下の[3.]項へ進む前に、上の図の「ツールを今すぐダウンロード」から、さらに下にスクロールして下さい。

「メディア作成ツールの使用」を展開すると、
「メディア作成ツールを使って Windows 10 へアップグレードする」と、
「USB または DVD を使ってクリーン インストールを実行する」の2つがありますので、展開して読んで下さい。

下の図の「USB または DVD を使ってクリーン インストールを実行する」の赤枠で囲んだ文章をお読み下さい。
ここに、「~~クリーン インストールを実行する場合は、Windows 7、Windows 8.1、または Windows 10 の対象エディションのプロダクト キーを入力するか、~~」と書かれていて、「旧Windowsのプロダクトキーでクリーンインストールが可能」なことが書かれています。
SC20151221-140630-00

スポンサーリンク
3.メディア作成ツール(Media Creation Tool)、「MediaCreationTool.exe」がダウンロードされる。
SC20151220-115012-00

4.「MediaCreationTool.exe」を起動する。

5.「Windows 10 セットアッブ」の画面が開くので、「他のPC用にインストール メディアを作る」にチェックを付けて「次へ」をクリックする。
SC20151220-123230-00


【このページを作成後に追記しました】
この下の[6.]項では、「この PC におすすめのオプションを使う」のチェックを外し、「言語」、「エディション」、「アーキテクチャ」を選択して 次の[7.]項へ進みましたが、出来上がったDVDのプロパティを見ても、「Professional」であることの確信が持てません。
この下の[6.]項で、「この PC におすすめのオプションを使う」にチェックが付いたまま[7.]項へ進んだ場合の状況を、このページの下のほうの「Windows 10 Professional のテスト」に追加しました。


6.次の画面で「言語」、「エディション」、「アーキテクチャ」を選択する。
この時、「この PC におすすめのオプションを使う」のチェックを外しておかないと、選択は不可能。

「言語」は「日本語」のまま。
「エディション」は「Windows 10」には間違いないが、「Professional」の指定は何処で行うのかが疑問。
「アーキテクチャ」は「32 ビット」、「64 ビット」、「両方」の中から選ぶが、「両方」を選択した場合は
どのようなものになるのかは疑問。

一応、下図の設定で「次へ」をクリック。
SC20151220-140719-00

7.使用するメディアを選択。
ここの例では、「ISO ファイル」を選択し、「次へ」をクリック。
SC20151220-141101-00

8.「ファイル名」を付けて「保存」をクリックする。
SC20151220-141319-00

9.「Windows10.iso」ファイル作成用データのダウンロードが行なわれる。
SC20151220-141743-00

10.ダウンロード中。
我が家は、最大20MbpsのCATV回線ですから時間が掛かります。
SC20151220-142017-00

11.20分掛かって、isoファイル作成用データのダウンロードが完了。
ダウンロードが終わると、isoファイルの作成へと継続する。
SC20151220-143511-00

12.「Windows10.iso」ファイルが完成。
SC20151220-144036-00

私は、DVD書き込みソフトは「B’s Recorder GOLD13」を使用していますので、これのアイコンになっています。
SC20151220-144800-00

スポンサーリンク

Windows 10 クリーンインストール用のDVDメディアの作成

13.「B’s Recorder GOLD13」を使用して「Windows10.iso」ファイルをDVDに書き込み。
SC20151220-153815-00
SC20151220-153840-00
SC20151220-153855-00

14.書き込みが完了したDVDメディアの中の「setup.exe」の「プロパティ」-「詳細」を開いてみました。
SC20151220-155302-00
ファイル バージョン」、「製品バージョン」共に、「10.0.10586.0」となっていて、
Windows10 を バージョン1511 OSビルド 10586 にアップグレード」したものになっています。
SC20151220-155748-00

しかし、このDVDは、「Windows 10 Professional」なるか否かは不明です。

スポンサーリンク

Windows 10 「Professional」になるか否かのテスト

ここから下は、【このページを作成後に追記しました】に書いたことのテストです。


6.「この PC におすすめのオプションを使う」にチェックが付いたままで、「言語」、「エディション」、「アーキテクチャ」が選択できない状態で「次へ」をクリック。
SC20151220-164729-00

7.~13.は、上のほうと同じです。

14.書き込みが完了したDVDメディアの中の「setup.exe」の「プロパティ」-「詳細」を開いてみました。
SC20151220-155302-00
ファイル バージョン」、「製品バージョン」共に、「10.0.10586.0」となっていて、
Windows10 を バージョン1511 OSビルド 10586 にアップグレード」したものになっています。

SC20151220-181639-00

しかし、このDVDも、「Windows 10 Professional」なるか否かは不明です。
Professional」は、クリーンインストール用のメディアは作成不可能なのでしょうか?

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る