米軍岩国基地周辺散策 2006年11月

シェアする

スポンサーリンク

2006年11月2日

F/A-18


 
 


 

スポンサーリンク

 


 
 
 

 

野鳥の楽園(6)米軍岩国基地周辺からのお知らせ]
空を飛ぶのは飛行機だけではありません。
我々も飛んでいます。

スポンサーリンク

US-1A(9090)

XUS-2(9902)

YS-11M(9043)

C-1 (58-1011)

P-3C(5007)

OP-3

OP-3(9131)

OP-3(9133)

スポンサーリンク

EP-3(9172)

UP-3D

UP-3D(9161)
 

UP-3D(9163)
 

U-36A(9205)

スポンサーリンク

談合は暴露されなくなったのか?

ところで談合は無くなったのでしょうかね?
一度吸った甘い汁の味は永遠に忘れられるものではありません。
ニュースにも現れてこないからといって、安心は出来ませんよ!
大騒ぎの後で、すぐさま談合のニュースを流すわけにはいかないため、隠蔽しているだけです。
来年早々には、大きな談合が隠しきれずにバレて、皆さんの前にご披露されると思います。

これまで岩国港へ接岸して、国道を走って基地内へ雲隠れしていた軍用車両も、基地拡張工事にご協力頂きましたおかげで、皆様に気づかれずに基地を出入りすることが出来るようになりました。
美しき国、日本政府の優しい御心に感謝するとともに、戦争大好きな米国ブッシュ政権に代わりお礼を申し上げます。
空母キティホークもドック入りし、その間は原子力空母が代理を務めます。
また、極東最大の米海軍基地になろうとする岩国には、広島も近いことでもあるので、原子力空母の配備が必要不可欠です。
例によってなし崩しで裏話を進めますので、岩国市民の皆様、今後も基地拡張にご協力願います。(と、言いたい人は誰でしょうか?

お知らせ

1ケ月先にはドイツのクリスマス・マーケットへの旅行。
会社の現役の時に行ったシュトゥットガルト(Stuttgart)、また、2002年に行ったローテンブルク (Rothenburg o.d.T.)へも行きますので、思い残すことのないように、これから旅支度(事前調査)を始めます。それと、ドイツへ土産で持参する木組みの家も掃除しなければなりません。
従って、2006年11月は、本日(11月2日)だけで終わってしまいました。
また、2006年の散策も、これで終わることにします。


2004年、2005年、2006年と続けてきた散策日記ですが、本サイト内に飛行機が増えすぎたため、2007年から少し方向転換をします。
多分、来年の春になったら、鉄道模型の蒸気機関車の組立てを検討しているような気がします。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る