お知らせ このサイトは、表示速度の改善のためにLolipop内でのサーバー移転が実施されます。実施される日時と所要時間は未定ですが、移転作業の間は閲覧が出来なくなりますので予めご了承願います。

Windows 10 でエラー発生「0x00000000043C0FD8 の命令が 0x00000000043C0FD8 のメモリを参照しました。メモリが written になることはできませんでした。」

シェアする

2016年9月7日16時31分に、自作パソコンNo.1常用機の電源を切ろうとしたらエラーが発生して電源が切れない状態に陥りました。
開いていたExplorerは閉じられず、開かれたままの状態です。

表示されたエラーは、下の図のようなものです。

エラーは「explorer.exe – アプリケーション エラー」。
内容は「0x00000000043C0FD8 の命令が 0x00000000043C0FD8 のメモリを参照しました。メモリが written になることはできませんでした。

これと似たような Windows 10 の不具合は、今回で3回目です。

同じような Windows 10 の不具合は他にも発生しています

下記の記事をご覧下さい。

Windows 10 でエラー発生「0x00000000022C0FD8 の命令が 0x00000000022C0FD8 のメモリを参照しました。メモリが written になることはできませんでした。」
2016年3月4日20時に、自作パソコンNo.1常用機の電源を切ろうとしたらエラーが発生して電源が切れない状態に陥りました。 開いていたE...
Windows 10 でエラー発生「0x0000000002780FD8 の命令が 0x0000000002780FD8 のメモリを参照しました。メモリが written になることはできませんでした。」
2016年4月13日19時43分に、自作パソコンNo.1常用機の電源を切ろうとしたらエラーが発生して電源が切れない状態に陥りました。 開い...
Windows 10 でエラー発生「0x0000000000D4E411 の命令が 0x0000000000000004 のメモリを参照しました。メモリが read になることはできませんでした。」
2017年1月16日から、このサイト以前に活躍していた旧サイトの廃止作業を始め、ホームページビルダーを使って、旧サイトのHTMLファイルの修...
関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る