岩国錦帯橋空港は2016年3月のダイヤ改正で2往復4便の増便・沖縄便も就航

シェアする

a_ilst137【緊急のお知らせ】全日空(ANA)の岩国錦帯橋空港~那覇空港便は、2016年3月27日に運行が開始されましたが、2016年10月末のダイヤ改正で2016年10月29日から運休していました。
残念なことだと思っていたのですが、2017年3月26日から運行が再開されます。(2017/01/12追記)
全日空(ANA) 岩国~沖縄線が2017年3月26日から運行を再開
【緊急のお知らせ】全日空(ANA)の岩国錦帯橋空港~那覇空港便は、2016年3月27日に運行が開始されましたが、2016年1...

【緊急のお知らせ】岩国錦帯橋空港の発着枠拡大が日米両政府で合意 (2015年12月22日)
現在は、岩国錦帯橋空港~羽田空港間を1日4往復8便で運用中ですが、2往復4便の発着枠の拡大が日米両政府の合意により決まったとのことです。ANA(全日空)は、2016年3月下旬のダイヤ改正に合わせて、羽田線の1往復増便那覇線の新設を計画しているとのことです。

P20130824-P1020431-6
年間の搭乗率が70%近い岩国錦帯橋空港。

速報:岩国錦帯橋空港の発着枠拡大が日米両政府で合意 (2015年12月22日)でお知らせ済みですが、現在、岩国錦帯橋空港は、羽田空港との間を1日4往復8便で運用中のところ、2往復4便の発着枠の拡大が日米両政府の合意されたそうです。
岩国錦帯橋空港は、米軍岩国基地の滑走路を使用していますし、米軍の軍用機の運用に支障がないことの条件付きですから、日本の都合だけで増便することはできません。

発着枠が日米両政府間で合意されたとなると、あとは全日空(ANA)の機材のやりくり。
2016年3月のダイヤ改正で、2往復4便の増便は確実ですね。
20151223Iwakuni-2

発着枠拡大2往復4便は羽田空港便の増便だけでなく、全日空(ANA)では、羽田線の1往復増便那覇線の新設を計画しているとのことです。
私は会社を卒業以降、海外旅行の場合は、成田空港発着でありながら福岡空港へ。また、国内旅行でも広島空港や山口宇部空港まで行っていましたが、岩国錦帯橋空港が開港してからは、山奥の広島空港まで行くのも面倒くさくなりました。

国内は、北の北海道へは旅行しましたので、南の沖縄へ旅行をしておきたいと思っていますが、来年は後期高齢者の仲間入りですから、那覇便のある広島空港へ行くのも面倒なので、岩国錦帯橋空港から那覇便が運行されるのは大歓迎です。
http://inakamura.main.jp/main/archives/16049

岩国錦帯橋空港~那覇便の運行状況
【緊急のお知らせ】全日空(ANA)の岩国錦帯橋空港~那覇空港便は、2016年3月27日に運行が開始されましたが、2016年1...
スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る