バージョンアップで500エラーを発生する「W3 Total Cache」の使用を中止し削除

シェアする

このサイトを含め、私が運用しているWordPressを利用したサイトはlolipopのサーバーを使用していますが、PHP5.6(CGI版)からPHP5.6(モジュール版)に変更したら、想像した以上に速くなり、lolipopのまま続けています。

しかし、私のサイトは写真を主とした記事が殆どであり、1ページへの写真の挿入数も多いため、一息つくような動作がなんとかならないかと、「W3 Total Cache」を使用していました。

スポンサーリンク

W3 Total Cacheの500エラーの状況

使用していた「W3 Total Cache」のバージョンは「0.9.4.1」。

9月26日から10月1日にかけて、「0.9.4.1」→「0.9.5」→「0.9.5.1」へとバージョンアップを行ないましたが、全てのバージョンアップで「500エラー」が発生して白紙状態に陥り、そのたびに「W3 Total Cache」の徹底的な削除をしなければならない事態になりました。

500エラー」が発生した状況は下記の記事をご覧下さい。

W3 Total Cacheをバージョンアップしたら500エラーが発生

「W3 Total Cache」をバージョンアップしたら500エラー・・・W3 Total Cacheを根こそぎ削除
現在、WordPressを利用したサイトは6つ運用していますが、そのうち3つのサイトには「W3 Total Cache」プラグインを...

W3 Total Cacheをバージョンアップしたら500エラーが発生(その2)

「W3 Total Cache」をバージョンアップしたら500エラー(その2)
下記のページに「W3 Total Cacheをバージョンアップしたら500エラーが発生」を書いていますが、このページは続編です。 ...

W3 Total Cache バージョン 0.9.5 から 0.9.5.1 へのバージョンアップでも 500エラー

「W3 Total Cache」 バージョン 0.9.5 から 0.9.5.1 へのバージョンアップでも 500エラー
2016年9月26日と28日に、2つのサイトで「500エラー」を発生して白紙状態になった「W3 Total Cache」の「0.9....

W3 Total Cacheの使用を中止

今後も「W3 Total Cache」を使い続ける限りは、バージョンアップの都度「500エラー」が発生して、その処置に追われることになりそうなので、「W3 Total Cache」の使用を止めることにしました。

W3 Total Cacheプラグインの削除とファイルの修正

10月1日に「W3 Total Cache」を削除しました。

ここでの例は、このサイトでの削除作業です。


「管理画面」の「インストール済みプラグイン」で、「W3 Total Cache」を「停止」させる。

sc20161001-114552-00


停止」をクリックしたら、瞬間的に、下図の画面が表示される。

sc20161001-114612-00


上図の指示に従って、WordPressをインストールしてあるフォルダを開いて、「wp-config.php」ファイルを修正する。

/** Enable W3 Total Cache */
define(‘WP_CACHE’, true); // Added by W3 Total Cache」(下図の反転部分)の2行をエディターで削除する

sc20161001-115015-00

(参考:私は、「FFFTP」と「EmEditor」を使用して、サーバー内のファイル修正をしています。)


再び「管理画面」の「インストール済みプラグイン」を開いて、「W3 Total Cache」を「削除」をクリックする。

sc20161001-115211-00


以上で、「W3 Total Cache」は削除されました。

sc20161001-115229-00

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る