お知らせ このサイトは、表示速度の改善のためにLolipop内でのサーバー移転が実施されます。実施される日時と所要時間は未定ですが、移転作業の間は閲覧が出来なくなりますので予めご了承願います。

GARAKUTA造船所で製作した帆船模型の紹介 San Juan Bautista・The H.M.S. Bounty

シェアする

このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。
スポンサーリンク

サン・ファン・バウチスタ  San Juan Bautista

第1作目
サン・ファン・バウチスタ
San Juan Bautista

長さ77cm X 幅30cm X 高さ72cm
完成 2004年5月14日

P514-dscf0022
P514-dscf0038 P514-dscf0037

一度は帆船模型を製作してみたいとは思いながらも、何も解からない素人。
これまで帆船に関するものは、20数年前、スウェーデンのストックホルムのバーサ号博物館で海底から引き上げられて復元中のバーサ号を見ただけ。
その他は、帆船模型を写真などでは見ているものの、どのようにして作るのか? 自分にも作るのか?
会社卒業前、デアゴスティーニ(DeAGOSTINI)社から発売されたサン・ファン・バウチスタ(San Juan Bautista)を書店で見つけ、会社卒業後の暇潰しに最適だと、帆船模型の製作を始めました。
第1作目のサン・ファン・バウチスタ(San Juan Bautista)は、2004年5月14日に完成。
製作中の様子は、帆船模型・サン ファン バウチスタ号の製作をご覧下さい。

ザ・バウンティ  The H.M.S. Bounty

第2作目
ザ・バウンティ
The H.M.S. Bounty

長さ86cm X 幅32cm X 高さ70cm
完成 2005年4月4日

P403-1-DSCF0109
P403-1-DSCF0110 P403-1-DSCF0111

サン・ファン・バウチスタが完成して一息ついたと思ったら、デル・プラド・ジャパン社のザ・バウンティ(The H.M.S. Bounty)を書店で発見。
サン・ファン・バウチスタ号が思ったより簡単に製作できたので、第2作目として、待ったなしで飛びつきました。
ところが、事件発生。
2004年11月、デル・プラド・ジャパン社が倒産
それまで開設していても誰も見向きもされなかった掲示板が突然の大賑わい。
この掲示板へ参加された方々の中から「後は自作ででも」との方向に向かい、私は22号以降、自作路線を貫いて製作中。
The Armed Transport Bountyを購入し、これの図面を見ながら、目標予算を決めて、¥100ショップの材料をフル活用。また、暇は有り余るので、出来るだけ早く。
安く、早く、デル・プラド純正品よりはバウンティらしい物を目指して!
製作中の様子は、帆船模型 ザ・バウンティ号の製作進行状況をご覧下さい。
また、自作路線で完成したバウンティ号の図面も公開しています。
Bounty自力製作参考図面 by 田舎村
ご希望の方はご利用下さい。

ザ・バウンティのランチ

第3作目
ザ・バウンティのランチ
長さ21cm X 幅7cm X 高さ13cm
完成 2005年3月9日
(第2作目より先に完成)

P309-dscf0031 P309-dscf0032
P403-2-DSCF0023

The Armed Transport Bountyを見ながら、バウンティ号へ載せるボートを製作。
あの小さなボート2隻を、どのような方法で作ろうかな?
掲示板で皆さんの方法を見て、自分ながらの手抜き方法で作ってみました。
これが、思ったより良く出来たため、もう1隻作って、ついでに帆も張ってみようと、手幅いっぱいと小さいながらも第3作目として帆船模型の仲間入りさせました。
こんなものでも、帆船模型には間違いありません。
製作中の様子は、帆船模型・超簡単ミニ帆船をご覧下さい。

次の帆船模型は?

第4作目は?
ザ・バウンティで満喫した自作の楽しさ。しかし、帆船模型もゼロからの出発となると自分には無理な話。木を切り刻む楽しさは味わい続けたいし・・・・
第4作目は先延ばしすることにして、帆船模型とは全く違った分野の模型の製作に向かいます。
どんな物を作るのか?それは内緒です。
なお、第4作目が完成したら、帆船模型でご披露します。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る