帆船模型 San Juan Bautista (サン・ファン・バウチスタ) の製作進行状況(8)

シェアする

このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。

いよいよ92号の作業に入りました。

スポンサーリンク

2004年3月20日 へビークヘッドとフォアマスト間のロープ張り

帆船模型作りで一番楽しいロープ張りの作業に入りました。

P320-dscf0259

2004年3月26日 フォアマストとメインマスト間、及び、メインマストとミズンマスト間のロープ張り

組み立てが進むにつれて大きくなり、バックが白くて広い場所がなく、写真撮影に苦労しています。

P326-dscf0373

スポンサーリンク

2004年4月2日~3日 ビレイピン取付、 アンカー固定、 フォア・シュラウド張り

ビレイピンを荷造り用テープにくっ付けて、水性のペンキ塗りです。

P402-dscf0008


ペンキの乾燥中です。

P402-dscf0007


ペンキ塗りの終わったビレイピンを組み付けました。

P402-dscf0010


アンカーを先に固定するとデッド・アイが隠れるため、フォア・シュラウドを2本張ってからアンカーを固定。
その後、残り2本のフォア・シュラウドを張りました。

P403-dscf0011 P403-dscf0012
P403-dscf0013


94号まで完了

2004年4月4日 メイン・シュラウド張り、 ミズン・シュラウド張り

来週はオランダ方面への旅行の支度で忙しいため、95号の予告を見てメイン・シュラウド張りと、ミズン・シュラウド張りを先行して実施しました。
全体の写真を撮る場所がないため、庭で撮りましたが、バックの雑木が邪魔して見え難いですね。

P404-Dscf0019 P404-Dscf0018
P404-Dscf0022

スポンサーリンク

2004年4月6日 フォア・シュラウドの修正

左の写真は4月3日に張り終えた状態ですが、滑車間を結んだ0.5mmの糸が捻じれています。
メイン・シュラウドを張る時には要領が良くなり、捻じれも無くなったので、切断して張り直しました。
右の写真は修整後です。

P406-Dscf0026 P406-Dscf0027

2004年4月9日 サイドステップに手すりを取付け、 バウスプリット・シュラウド張り、 トップマスト・シュラウド張り、 ビレイピン取付け

左舷のサイドステップに手すりを取付けました。

P409-Dscf0040


バウスプリット・シュラウド張りと、トップマスト・シュラウド張りを実施しました。

P409-Dscf0039


ビレイピンを取付けました。

P409-Dscf0043 P409-Dscf0044

スポンサーリンク

2004年4月10日~11日 フォア・シュラウドにラットライン張り、 メイン・シュラウドにラットライン張り、 ミズン・シュラウドにラットライン張り

右舷
P410-dscf0082 P410-dscf0076
P410-dscf0077


左舷
P411-dscf0079 P411-dscf0080
P411-dscf0081

お知らせ

旅行へ出掛けるまでに、なんとか95号まで完了しました。
心置きなくオランダの風車を見てきます。
96号は4月23日、帰ってきてから書店に取りに行きます。
そう言えば、1979年に、ストックホルムのバーサ号博物館(WASAVARVET)で、バーサ号の復元工事を見たことがあります。
当時の写真が残っていますので、旅行から帰って暇な時に、別ページに展示することにしましょう。
あれから24年経っていますので、復元工事も完了しているのでしょうね。
–> 帆船バーサ号の復元・バーサ号博物館

ヴァーサ(バーサ)号博物館(WASAVARVET) 帆船ヴァーサ(バーサ)号の復元
1979年に、スウェーデンのストックホルムを訪れた時、ヴァーサ(バーサ)号博物館(WASAVARVET)でヴァーサ(バーサ)号の復元工事を見...

<< 前ページ (Previous)

帆船模型 San Juan Bautista (サン・ファン・バウチスタ) の製作進行状況(7)
このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。 2004年1月7日~3月19日 2...

次ページ (Next) >>

帆船模型 San Juan Bautista (サン・ファン・バウチスタ) の製作進行状況(9)
このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。 オランダ・ベルギー・ルクセンブルグの...
スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る