お知らせ このサイトは、表示速度の改善のためにLolipop内でのサーバー移転が実施されます。実施される日時と所要時間は未定ですが、移転作業の間は閲覧が出来なくなりますので予めご了承願います。

帆船模型 The H.M.S. Bounty (ザ・バウンティ) 製作進行状況(17)

シェアする

このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。

Pc12-Dscf001222号以降は、The Armed Transport Bountyを見ながら¥100ショップの材料をフル活用して製作中

スポンサーリンク

2005年2月25日~3月3日 ロープ張り(正式の言葉ではリギングですね)

0.7mmと、1.4mmの糸を使って、マストを引っ張るロープを張ることにしました。
The Armed Transport Bountyの該当ページを拡大コピーしないとなりませんね。


2月28日、The Armed Transport Bountyのリギングに関するページをA3判に拡大コピーしました。
あれだけのロープを張るとなると、衰え気味の目では追いつきません。
張ったロープには色付けしながら進めることにします。
デル・プラドの純正ザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)より、ロープも多いですね。
なお、リギングに関してはThe Armed Transport Bountyの図面を頼りに作業しますので、参考図面はありません。途中経過の写真だけにとどめます。

マスト間のロープ張り(その1)

P228-dscf0013
0.7mmの糸を着色ニスで処理。


P228-dscf0014
既に張っていたロープを全て張り替え。

縄梯子用ロープ張り

P225-dscf0058
1.4mmの糸を30cm長さに13本切って、着色ニスで処理。


P227-2-DSCF0074 P227-2-DSCF0075
片側にだけデッドアイを取付。


P228-dscf0015 P228-dscf0016
P228-dscf0017 P228-dscf0018
フォアマスト部。
右舷側の一番後ろを、マストの左右の傾きを見ながら強めに引っ張って張り、次に左舷側の一番後ろを強めに引っ張って張り、マストの傾きがOKであれば、残りの4本は少し弱めに。
着色ニスで処理した糸であるため撚りの戻りが殆ど無く、0.15mmの糸で3つ目滑車同士を引っ張った部分に撚り戻りの影響が無く、作業はいたって快適。
(前回のバウチスタ号では苦労しましたよ)
メインマスト部、ミズンマスト部も同じように張っていきます。


P228-dscf0020
2月28日作業終了時の状態。


P301-dscf0021
P301-dscf0022 P302-DSCF0032
3月1日、メインマスト部、ミズンマスト部も張りました。
右の図面の赤色着色が完了分です。

上の段の縄梯子用ロープ張りの準備

P301-dscf0023
デッドアイへロープを縛り付。


P301-dscf0024 P301-dscf0031
フォアマストとメインマスト部


P301-dscf0026 P301-dscf0027
ミズンマスト部


P301-dscf0028
P301-dscf0029 P302-DSCF0033
赤色着色が少し増えました。

マスト間のロープ張り(その2)・他

上の段の縄梯子用のロープを張る前に、マスト間のロープの追加、マストを両弦への引っ張りを実施しました。
マストを引っ張る順序を考えないと、既に張ったロープがたるんだり、マストが湾曲したりしますので、張る順序も大事ですね。


P301-dscf0030
これから張るロープの着色処理を実施。
必要な長さに切断して、その都度処理しています。


P302-DSCF0034
P302-DSCF0035 P302-DSCF0036
フォアマスト・メインマスト・ミズンマストとも、チャンネルへロープ張り。
フォアマスト・メインマストのチャンメルにはデッドアイを追加。


P302-DSCF0037
P302-DSCF0038 P302-DSCF0039
バウスプリット・フォアマスト・メインマスト・ミズンマストの間にロープ張り。
マストの上になると、引っ張り力の加減が微妙。

上の段の縄梯子用ロープ張り、トップのロープ張り

P302-DSCF0040 P302-DSCF0054
P302-DSCF0055 P302-DSCF0059
フォアマスト・メインマスト・ミズンマストともに1.4mmの糸で準備しましたが、いくら考えてもミズンマストには太すぎるようなので、0.7mmを張りました。


P302-DSCF0058
P302-DSCF0056 P302-DSCF0057
ここまでロープを張ると、帆船、いや、バウンティを造っているんだなあと、やっとその気になりました。
もう2~3本張ったら帆を作るまで一休みです。

バウスプリットのヤードのロープ張り

P303-dscf0060 P303-dscf0063
P303-dscf0061
滑車で船体に引っ張りました。

ついでに

P303-dscf0064
フォア、メイン、ミズンの各トップから、The Armed Transport Bountyより本数は少なめですが、デッドアイを使って張りました。

3月3日現在の姿

P303-dscf0065 P303-dscf0067
P303-dscf0068 P303-dscf0066
ここで作業を中断して、帆の寸法決め、帆布の裁断をします。
その後、縄梯子の横糸張り。本数が多いので時間が掛かります。
それにしても、ここまでの作業で使ってきたピンセット。
何処で入手したのか? デル・プラドの付属品だったのか?
先端のギザギザの無い手抜きピンセットで苦労しました。
次の作業からは、デアゴの付属品のピンセットに変更します。

完成までの投資額集計

完成までの投資額集計
目標予算\27,195(有限会社トライフィールドの半値)以下
前々ページからの繰越残 3,962
14 2005/2/25 1.4mmの木綿糸(100m巻)(DIY) 240
15 2005/2/25 0.7mmの木綿糸(100m巻)(DIY) 100
投資額累計 23,573
残予算 3,622

船尾のランターンも手作りする予定なので、ひょっとすると進水式の時の祝いの酒も買えるかも知れません。

お知らせ

<< 前ページ (Previous)      次ページ (Next) >>

帆船模型 The H.M.S. Bounty (ザ・バウンティ) 製作進行状況(16)
このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。 22号以降は、The Armed Tra...
帆船模型 The H.M.S. Bounty (ザ・バウンティ) 製作進行状況(18)
このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。 バウンティのボートに帆を張った帆船模型・...
関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る