帆船模型 超簡単ミニ帆船

シェアする

スポンサーリンク

超簡単ミニ帆船

船名がありませんが、デル・プラド・ジャパンが倒産後、自作路線で製作を続けているザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)のボートを、帆も張って、もう1隻製作するものです。
ザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)の製作の合間で作っていますので、開始から完成までの期間は長いですが、材料が揃っておれば、正味4日間程度で作ることができる簡易製作方法で進めています。
なお、自作路線で製作を継続しているザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)は順調に進んでいます。
自作路線でザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)製作を継続中のかたは、バウンティ製作日記をご覧下さい。
また、自作路線製作専用の限定掲示板へもお越し下さい。

帆船模型 The H.M.S. Bounty (ザ・バウンティ) 製作進行状況(5)
このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。 デル・プラド・ジャパン社 (Del ...

現在ザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)はThe Armed Transport Bountyを頼りに製作していますが、2005年2月21日に2隻のボートが完成し、ザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)のデッキへ載せました。
bounty-borts1
この2隻のボートを作る方法をいろいろと考えていましたが、試しにやってみた方法が意外と簡単で、一応自分ながら満足出来るものになりました。
この時に使った治具も残っていることであるし、「The Armed Transport Bounty」を見ていて、帆を張ってやろう、ラダーを取り付けよう・・・・と、全長21cm、高さ13cm(これでも帆は4枚ですよ)のミニ帆船を超簡単手抜き方式(自称 カツラ方式)で製作することにしました。


P222-dscf0014
なお、既に完成した2隻はザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)に載せてあります。

スポンサーリンク

2005年2月22日~23日 超簡単手抜き方式(自称 カツラ方式)で船体の製作

2日間にまたがっていますが、正味は半日です。


P222-dscf0016
船体用とキール用の治具を準備。


P222-dscf0017
キールと船尾の板を製作。


P222-dscf0018
マスキングテープを巻き付け。粘着面が外側。


P222-dscf0019
キールと船尾の板をテープ上へ貼付。キールと船尾の板は接着。


P222-dscf0020
0.5mmの外板仕上板を貼付。


P222-dscf0021
貼付完了。板と板の間は瞬間接着剤で接続。


P222-dscf0022
治具抜取り前。


P222-dscf0023
上面のテープを切って治具を抜取り。カツラの出来上がり。


P222-dscf0024
テープを剥がす。


P223-dscf0025
1mmのバルサ材で内側の板を貼付。(本来の下地板)瞬間接着剤使用。


P223-dscf0026
内側の板の貼付完了。


P223-dscf0027
キールの整形。


P223-dscf0028
この方法で船体は思ったより強度があり、治具を入れてみましたが、変形もなく、1mmの板厚分だけ治具が飛び出ています。

スポンサーリンク

2005年2月23日~24日 船体の仕上

小さいので工作が楽ですね。


P223-dscf0033
底板用の型紙を使って2mmのバルサ材で底板を作って貼付。簡易的に1枚板で。


P223-dscf0039
ラダーを製作。
ついでにオールを竹で製作。これはバウンティへ載せたボートの上に置いておきます。


P224-dscf0040
2mmの板を切りながら少しずつ追加。


P224-dscf0041
1mmのバルサ材の堅い部分も使用。


P224-dscf0044
マストを受ける部分は簡易的に製作。


P224-dscf0042
マストを作って差し込んでみました。


P224-dscf0045
オールを掛ける切込みを入れて、縁を黒色に塗装。


これで船体はほぼ完成。
本船のザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)を進行させますので、しばらく休みます。

スポンサーリンク

2005年2月25日 マスト組み付け および ラダー再製作

P225-dscf0060
マストを立てました。


P225-dscf0061 P225-dscf0059
ザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)本船の作業中にラダーを紛失。
多分、板の切れ端と共にゴミ箱へ??
今度は銅板を巻いているので間違えることはなし?

2005年3月5日 帆の裁断 および ヤード取付

P305-dscf0101
本船の帆を裁断したついでに、ボートの帆も裁断しました。


P305-dscf0102
ついでに、ヤードも取り付けておきました。

2005年3月8日 ロープ張り および ラダー組付

P308-dscf0022
マスト、ヤードにロープを張りました。
ザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)本船の作業中に、テーブルから落としてしまい、マストを折ったり、ヤードを折ったり・・・早めに仕上げないと。


P308-dscf0027
ラダーを取り付けて塗装しました。

スポンサーリンク

2005年3月9日 帆の製作 および 取付

P308-dscf0026
¥100ショップでみつけたアイロン接着補修クロス。
これを使って帆の折り返しの処理をテストすることにしました。


P309-dscf0028 P309-dscf0029
少し曲がった所がありますが、結果は上々。これは使います。
ザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)本船の帆も、この方法で進めることにします。


P309-dscf0030
少し濃い目の糊付けをして、帆を張っています。

2005年3月9日 完成

P309-dscf0031
P309-dscf0032
ザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)本船の合間をみて、気分転換、さらにはテスト用に作った超簡単ミニ帆船。
3月9日に完成しました。
所要日数は、つきっきりでやったとすれば正味3日間程度でした。

お知らせ

さて、いよいよザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)本船に、気合を入れて取り掛かります。
バウンティ製作日記でご覧下さい。

帆船模型 The H.M.S. Bounty (ザ・バウンティ) 製作進行状況(5)
このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。 デル・プラド・ジャパン社 (Del ...
スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る