帆船模型 The H.M.S. Bounty (ザ・バウンティ) 製作進行状況(11)

シェアする

このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。

ザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)自作路線で製作を継続しています。

Pc12-Dscf001222号以降は、The Armed Transport Bountyを見ながら¥100ショップの材料をフル活用して製作中

スポンサーリンク

2005年1月24日~1月31日 船上のパーツ製作・組付

船体のパーツの製作、組付に入りました。既に製作済みのパーツは修正しながら組付。こけから図面を描きながら、パーツを作って組付けます。
但し、例えば2mmの角棒とかは図面なしです。また順序は自分のやり易い順、材料が手元にある順、順不同です。
接着は殆ど瞬間接着剤を使用。木に染み込んで、接着後は色が変わりますが、透明なニスを上塗りすれば、全く判らなくなります。
写真はニスを塗る前、塗った後のものが入り乱れています。


アッパーデッキ上の格子の周囲、梯子の穴の周囲に、2mm角の棒で縁を取付け。

P125-Dscf0004


船尾のラダーの入る穴も、2mm角の棒で縁を取付け。

P125-Dscf0048


No.35 No.36 No.37のパーツを接着する前に、バウスプリットの角度を確認。・・・20°–>OK。
但し、No.18のカットウオーターを修正して切取った部分、バウスプリットとの間に隙間発生。

P125-Dscf0006


No.35 No.36 No.37のパーツを接着。
No.18の切取り分として、3mm厚さの板切れを追加。

P125-Dscf0008 P125-Dscf0010


アッパーデッキとNo.24 No.25の隅に、2mm角の棒を貼付。
これは、アッパーデッキ床材の欠けやスキマのボロ隠し。それと補強のため。
船尾部は床材の短いものが多かったので、5mm幅の板で目隠し。

P125-Dscf0011 P125-Dscf0012


船尾側の大砲がのぞく開口部の仕上げ。2mm x 5mmの板で縁取り。
純正品と代替品を並べてみましたが、代替品の方が迫力あり。

P125-Dscf0013 P126-Dscf0014

P126-Dscf0015 P126-Dscf0016

スポンサーリンク


No.27とNo.29のパーツを使って、手摺の組付。写真は左から作業順に並んでいます。

P126-Dscf0017 P126-Dscf0018

P126-Dscf0019 P126-Dscf0020


アッパーデッキとの隅に2mm角の棒を貼り付けて、手摺の取付完了。
これだけやれば結構丈夫で、手摺を持って船体を持ち上げてもびくともしません。

P126-dscf0022 P126-Dscf0021


パーツ名は全く判らず。
船尾外側のパーツNo.49と、2mm角の棒を作って2本の帯を貼付。

P127-Dscf0045 P127-Dscf0046

P127-Dscf0047 bounty-gara-zumen


これも名前不明。
No.50のパーツを接着剤で貼付。
ハトメは\100ショップのものは大きすぎるので、何かに付いているものを探して取付ける予定。

P128-dscf0049


No.51~No.55のパーツを組合わせて組付。

P128-dscf0050 P129-dscf0052

P129-dscf0053


No.56~No.58を作りながら組付。
船尾側は取付けた位置が書いてありますが、船首側は「The Armed Transport Bounty」を見て、似たように位置に取付け。
この時気づきましたが、No.50のパーツは、15mmくらい短かい方が良かったようです。
ついでに船体を加工しながら組付けるパーツを先行しておこうと、アンカーを吊り下げる支柱(Cathead)を組みつけようとしたら、船首の一番前にある格子を入れた穴が邪魔。
なんとか不自然らしくない適当な位置を探すことにします。

P130-dscf0054 P130-dscf0055

P130-dscf0056 bounty-gara-zumen


適当な位置、不自然らしくない位置を決めて、No.65を取付けました。
長さは52mmと中途半端な寸法ですが、目の前に転がっていた5mmの角棒を1/2に切っただけです。

P131-dscf0066 bounty-gara-zumen

スポンサーリンク

2005年1月31日 操舵輪の製作

どのようにして作ろうかと前々から考えていましたが、とにかく作ってみなくては話にならないと思い、ものは試しに作ってみました。


作る途中で、昔の大八車の車輪に見えたり、駅馬車の車輪に見えたり・・・・・
しかし、出来上がってデッキの上に置いてみたら、操舵輪に見えないこともなし。
ラダーへロープで接続したら、ラダーは動きますよ。(動くはずですよ)
なお、ユニットとして作ったため、台の上に作り上げました。

bounty-gara-zumen


製作にあたっての問題は、丸い輪。
外形30mmの\100ショップの材料を使用。
内側を削って広げて、厚さ2.5mmに切断。

P131-dscf0057


パーツの準備完了。

P131-dscf0058


着色して組立開始。

P131-dscf0059


組立ては順調に進行中。

P131-dscf0060 P131-dscf0061


外周に埋め込むビレイピンの穴が突き出たので、修正中。

P131-dscf0062


外周にビレイピンを埋め込んで、完了。

P131-dscf0063


組立完了。

P131-dscf0064


デッキの上に置いてみました。
操舵輪だと思って見れば、操舵輪に見えます。

P131-dscf0065

スポンサーリンク

完成までの投資額集計

完成までの投資額集計
目標予算\27,195(有限会社トライフィールドの半値)以下
前々ページからの繰越残  4,971
このページでの追加出費はなし 0
投資額累計 22,224
残予算 4,971

お知らせ

<< 前ページ (Previous)      次ページ (Next) >>

帆船模型 The H.M.S. Bounty (ザ・バウンティ) 製作進行状況(10)
このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。 22号以降は、The Armed T...
帆船模型 The H.M.S. Bounty (ザ・バウンティ) 製作進行状況(12)
このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。 22号以降は、The Armed T...
スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る