お知らせ このサイトは、表示速度の改善のためにLolipop内でのサーバー移転が実施されます。実施される日時と所要時間は未定ですが、移転作業の間は閲覧が出来なくなりますので予めご了承願います。

帆船模型 The H.M.S. Bounty (ザ・バウンティ) 製作進行状況(3) 第17号~第18号+α

シェアする

このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。

帆船模型 ザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)の製作を2004年7月11日に開始しました。
これから第96号までの2年間、このページで進行状況をご報告します。
作業順序は、号順と少し異なっています。(作業した順になっています。)

スポンサーリンク

2004年10月10日 材料粗悪のため、またまた余分な作業

Pa10-Dscf0064 Pa10-Dscf0065
Pa10-Dscf0066
本日、第17号を書店に取りに行き、後方の隔壁を切り離したら、なんと、合板の接着が悪くて、大きな口を開けている。これは、材料粗悪と言うより、欠陥商品ですね。
木工用の瞬間接着剤を流して接着しましたが、瞬間接着剤を付録に付けてもらわないと・・・
しかし、これから先が思い知らされそうです。


デアゴスティーニ(DeAGOSTINI)社のサン・ファン・バウチスタの時は、材料も良かったし、フォローも良かったし。
デル・ブラド・ジャパン社の商品はこんな程度のものなんでしょうか?
そう言えば、プレゼント品のロープノット・コレクションブックカバー
10月10日現在、まだ送ってきていませんが・・・デル・ブラド・ジャパン社って、大丈夫なんでしょうか???

2004年10月11日~14日 号外・・・先行作業

材料が粗悪とグチを溢しながら、第18号が来る前に先行して作業をしています。


Pa11-DSCF0067 Pa11-DSCF0068
Pa11-DSCF0069
船首側と船尾側の隔壁に化粧板を貼付け。裏側は見えなくなるのでステインとニスで塗装。
中央の写真は合板の剥がれを固定中です。


Pa11-DSCF0070
船首側の隔壁を船体へ組付(接着)


Pa11-DSCF0071
船尾側の隔壁を船体へ組付(接着)


Pa12-DSCF0080 Pa12-DSCF0081
船首側の船室の隔壁と仕切り板の高さ合せ、デッキとの位置合せをして組立


Pa12-DSCF0084 Pa12-DSCF0085
Pa12-DSCF0086
船首側の船室の隔壁に化粧板を貼付け


Pa12-DSCF0091
ドアを仮付け


Pa12-DSCF0092
船首側へ仮付け


Pa13-DSCF0093 Pa13-DSCF0095
船尾側の船室の隔壁と仕切り板の高さ合せ、デッキとの位置合せをして組立


Pa13-DSCF0096 Pa13-DSCF0097
Pa13-DSCF0098
船尾側の船室の隔壁に化粧板を貼付け


Pa13-DSCF0099 Pa13-DSCF0100
船尾側と船首側の隔壁が完成し、仮組み


Pa13-DSCF0114 Pa13-DSCF0115
船首側と船尾側の仕切り板を組付(接着)。
仕切り板の位置と隔壁の位置がズレているため、仕切り板の突起部は削り落としました。


Pa14-DSCF0128
船首側と船尾側の隔壁・仕切り板類を全て組付(接着)

2004年10月16日~17日 第18号の作業+α 船尾の補強材組付

Pa16-DSCF0001 Pa16-DSCF0003
第18号の説明通り船尾の補強材を仮組みをしました。 が、しかし・・・


Pa16-DSCF0006 Pa16-DSCF0008
Pa16-DSCF0007
「船尾部分の補強材には、後の作業で~~接着しません~~」と書いてありましたが、自分の整形作業のやり易さから、先に固定(接着)することにしました。
但し、皆さんは真似をしないように。


Pa17-DSCF0022 Pa17-DSCF0023
Pa17-DSCF0024 Pa17-DSCF0029
Pa17-DSCF0030 Pa17-DSCF0031
その他の補強材も接着。

仮キール、フレームにニスがベタベタ塗ってありますが、材料の合板を軽く固めるためです。
瞬間接着剤では、後の整形の時に手間が掛かりますので。


Pa17-DSCF0026
これは、サン・ファン・バウチスタの時の工具ですが、先に接着した船尾部分の整形に再び活躍してくれそうです。


Pa17-DSCF0025
サン・ファン・バウチスタ組み立ての時の工具類の一部です。
便利な工具のセットが付属していたので、今回も最初から活躍しています。


Pa17-DSCF0027 Pa17-DSCF0028
サン・ファン・バウチスタの時の残材と残パーツ。残材がザ・バウンティ号(The H.M.S. Bounty)の製作へ意外と役立っています。

2004年10月19日 号外・・・またまた先行作業

超大型の強い台風23号を迎え撃つ準備も完了し、時間が取れたので、船内のホールドウエルの壁の化粧板貼りを行いました。
組立カードに何号かが印刷してあると親切なんですが、航海百科事典など不要なものは捨てていますので、何号の付属かは判りません。


Pa19-Dscf0191 Pa19-Dscf0192
Pa19-Dscf0195 Pa19-Dscf0196
Pa19-Dscf0197 Pa19-Dscf0198
3枚の壁材へ順番に化粧板を貼り付け。相変わらず¥100ショップの道具が大活躍です。


Pa19-Dscf0200
化粧板貼りの完了したホールドウエルの壁。既に作業の完了した砲弾庫。


Pa19-Dscf0201 Pa19-Dscf0202
船体へ仮組みしてみました。

お知らせ

<< 前ページ (Previous)      次ページ (Next) >>

帆船模型 The H.M.S. Bounty (ザ・バウンティ) 製作進行状況(2) 第13号~第16号
このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。 帆船模型 ザ・バウンティ号(The H....
帆船模型 The H.M.S. Bounty (ザ・バウンティ) 製作進行状況(4) 第19号~第21号
このページの小さな写真は、写真をクリックすることにより拡大表示されます。 帆船模型 ザ・バウンティ号(The H....
関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る