蒸気機関車 C57 の製作(12/13ページ)(18)総組立 (19)C57モドキの完成

シェアする

下手の横好きが唯一の自慢、かつ、蒸気機関車には全くの素人が、安達製作所No.0311 C57 一次型のベーシックキットの組立てに挑戦しています。
製作しているのはC57貴婦人です。
が・・・ 組立が進むにつれてブス顔になってきたようです。
なお、このC57は、世界中で規格が統一されている16.5mmゲージです。
国内はもとより、旅費さえあれば海外へ持って行き、海外のレイアウトを走らせることもできます。

スポンサーリンク

(18)総組立 2007/06/02 – 2007/06/04

2007/06/02
足回りの組立を始めました。
P20070602-IMG_6685-2


2007/06/02
ギヤーボックスにグリースを十分に充填して、モーターも組付けました。
P20070602-IMG_6688-2


2007/06/02
サイドロッドを組付けました。
走行テストもOKです。
P20070602-IMG_6696-2


2007/06/02
バルブギヤーを組付けました。
走行テストもOKです。
P20070602-IMG_6700-2


2007/06/02
テンダーの台車を組付けました。
P20070602-IMG_6693-2


6月3日は航空自衛隊防府北基地航空祭へ行きましたので休業です。

2007年 航空自衛隊 防府北基地航空祭(1/8) 記念塗装機/オープニング飛行 2007年6月3日
2007年6月3日、防府北基地航空祭へ行きました。 2007年5月5日の米海兵隊岩国航空基地・日米親善デー(FD07)のように、少...

2007/06/04
煙室戸を組付けて、安全弁を組付けました。

ナンバープレートとメーカーマークを貼り付けしました。

ナンバーはC5764ですが、別に他意はありません。
またC5764の個別仕様でもありません。
(C571にしようかなと思ったのですが、SLやまぐち号牽引機とは似ても似つかないので、適当に選びました。)
P20070604-IMG_6702-2
P20070604-IMG_6703-2


2007/06/04
テンダーにもナンバープレートを貼り付けました。
P20070604-IMG_6704-2

C57モドキ、ほぼ完成

2007年6月4日・・・ほぼ完成
「ほぼ」=ブレーキシューが付いていません。

もう一つ重大なことがあります。
1m弱のテストコースで前進、後進を繰り返してテストしていますが、前進から後進へ、または後進から前進へ切り替えた時、時々ですが動かないことがあります。

バルブギヤーかロッド関係が引っ掛かるのかと思って調べてみても異常はなし。

テンダーに仮のウエイトを乗せると問題なく動きます。
テンダーの車輪からドローバーまでの間、台車の車輪からテンダー床板までの間の通電(接触)不良かもしれません。

テンダーの台車をバラして、通電すべき箇所を磨いてみます。
また、当面はテンダーに仮のウエイトを忍ばせておくことにします。
P20070602-IMG_6707-2
P20070604-IMG_6708-2
P20070604-IMG_6709-2

(19)C57モドキ完成 2007/06/05

2007年6月5日

C57モドキの組立が終わりました。
素人(私もですが・・・)が見たのでは判らない所は手抜きして、「C57モドキ」でも構わないから早く結果を見る。
これしか自慢できるところはありませんが、遠くから見たらC57に見える蒸気機関車が完成しました。

こうして本気で写真を撮ると、「C57モドキ」ではなく、「C57らしき」に見えますよ。

組立を進めながら、「ああすればよかった。こうすればよかった。」に度々出会いました。
もし、もう一度、蒸気機関車を組立てる時は、組立のコツも判ったし、要領よく組立できると思います。

まあ、初めてでC57。他の方は褒めて下さらないでしょうから、自分ながら上出来だとしておきます。

また組立してみたいとは思いますが、社会保険庁が食い潰してしまい、崩壊して破産した年金で細々と暮らしている身。もう一つ買うには高すぎますよね。
P20070605-IMG_8617-2
P20070605-IMG_8621-2
P20070605-IMG_8622-2
P20070605-IMG_8623-2

お知らせ

完成した写真を眺めていたら、なにか気になる所を発見。これは、黒色を塗って誤魔化すことにしましょう。
もう一つ。塗装が簡単に剥げますね。
「今まで密着しなかった非鉄金属への塗装ができる」と書かれたメタルプライマー。下塗りと上塗りの間は密着していますが、真鍮とメタルプライマーは密着していません。メタルプライマーの賞味期限切れかなと思って缶を見ましたが書いてなし。剥げが広がらないうちに、筆での補修塗りが続きそうです。但し、走らさないで、飾って眺める場合は問題ありません。
それでは、16.5mmゲージの大先輩の所へ持参して、完成したことの報告と、広い部屋でのC57貴婦人の走りを楽しんできます。

<< 前ページ (Previous)      次ページ (Next) >>

蒸気機関車 C57 の製作(11/13ページ)(15)サイドロッド・バルブギヤーの仮組・確認 (16)塗装前の仮組・走行テスト (17)塗装
下手の横好きが唯一の自慢、かつ、蒸気機関車には全くの素人が、安達製作所のNo.0311 C57 一次型のベーシックキットの組立てに挑戦してい...
蒸気機関車 C57 の製作(13/13ページ)安達製作所の No.0311 C57 一次型のベーシックキットの組立・・・その後
下手の横好きが唯一の自慢、かつ、蒸気機関車には全くの素人が、安達製作所のNo.0311 C57 一次型のベーシックキットの組立てに挑戦し、ど...
関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る