お知らせ このサイトは、表示速度の改善のためにLolipop内でのサーバー移転が実施されます。実施される日時と所要時間は未定ですが、移転作業の間は閲覧が出来なくなりますので予めご了承願います。

伊藤公(伊藤博文)資料館 山口県光市束荷

シェアする

P20130516-P1020026
2013年5月16日は、光市の冠山総合公園へバラの花を見に行くことにして、岩国市から車で行きましたが、途中に伊藤公資料館があることを知り、立ち寄ってみました。
しかし一大事。・・・(続きは、このページの下のほうにあります。)

スポンサーリンク

伊藤公記念公園

P20130516-P1020010
P20130516-P1020016
P20130516-P10200151

スポンサーリンク

記念館

P20130516-P1020014
P20130516-P10200171

資料館

資料館内は写真撮影禁止のため、お目にかける写真はありません。

スポンサーリンク

生家

P20130516-P1020020
P20130516-P1020021
P20130516-P1020022
P20130516-P1020023
P20130516-P1020024

産湯の井戸
P20130516-P1020025

スポンサーリンク

修理のお願いと、緊急のお知らせ

伊藤博文公は千円札の顔として、野口英世博士の前に大変お世話になりました。
伊藤公記念公園へ入ったら、巨大な石が据えられていて、彫り込まれた名前を見たら、自信がないのを病気のせいにして、重責を放り出して逃げてしまった「安倍晋三」
私も潰瘍性大腸炎を患いましたが、仕事を放り投げて、会社を休んで隠れることはしませんでした。
あの時以来「安倍晋三」+「自民党」嫌いになりましたが、今頃になって安倍晋三」の祟りに遭ったようです。

伊藤公記念公園に到着して、記念館の裏の厠(トイレ)を借用しましたが、用足しが終わって立ち上がったと思ったら、頭をガーン。目の前が真っ暗になり、しゃがみ込み、頭の痛い所を手で触ったら、手には真っ赤な血!
私は何年か前に軽い脳梗塞、昨年の12月には冠動脈ステントを挿入しましたので、血液サラサラの薬は2種類服用中。 さらに、頭であるため出血は派手。
頭の傷口を水で洗って、トイレットペーパーで押さえて、資料館の受付で傷テープを貰って出血を止めました。
しかし、ガーンと打ち付けた頭は翌日、翌々日も痛かったのですが、出血が無かったので病院へ行くのは止めておきました。 傷は、本日(5月26日)現在カサブタが取れず、月形半平太のような状態です。

この伊藤公記念公園光市の管理ではないかと思いますが、再発防止のために、頭をガーンと打ち付けたところの改修をして頂けませんでしょうか。

頭をガーンと打ち付けたところは、記念館の裏のトイレ(男性用の大)。水洗用タンクへの配管の止水栓直径8ミリくらいのハンドルを取り付ける軸です。
私は会社の現役の頃は機械屋もやっていましたが、この状態は不安全状態と言えます。

誠にお忙しいとは思いますが、再発防止のために、大至急改修をお願いします。


既に記念館の方から、管理当局に修理依頼がされていることとは思いますが、改修が完了するまでに、他の方が怪我をされては大変なことになりますので、記念館を見学の方への緊急のお知らせとして記載しました。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る