内子(うちこ)

シェアする

昔のサラリーマンならご存知の「うだつ」。「うだつ」が上がるか上がらないかで給料は大違い。 「うだつ」で知られている内子(うちこ)を紹介します。
Pb236974

11月22日の夜、国民宿舎の壁に貼ってあった地図を眺めているうちに、うだつのある内子への道は楽に走れそうだなと、急遽思いついて、面河から走りました。
天気は快晴。朝の石鎚・面河に比べて、なんと暑いこと。
どうなってんだろうと考えてみたら、朝、腰に貼った2枚のカイロが効き過ぎていることに気付き、人目をはばかり、路地に入って剥がしました。
会社にいた頃は全くうだつの上がらなかった私のこと。
2001年8月にも内子に立ち寄り、うだつを見ましたが、会社卒業の3ケ月半前。既に遅かりし・・・後の祭りでした。
大きなお世話とは思いますが、ご自分で考えてみて、「どうもうだつが上がっていないな」と感じられた方は、内子のうだつをご覧になり、先ず、自分の家に上げてみられては???
これは、出来る限り若い時の方が効果があると思いますが、手遅れの場合もあります。
万一、効果が無かった場合の保証は出来ませんのでご了承願います。
前回はデジカメが佐田岬で故障し、写真が撮れていなかったので、今回は、確認しながらうだつを撮りました。

スポンサーリンク

内子・・・愛媛県

Pb236977
Pb237006
Pb236967
Pb236969
Pb236968

スポンサーリンク

Pb236970
Pb236971
Pb236972
Pb236973
Pb236976

スポンサーリンク

Pb236988
Pb236989
Pb236990
Pb236992
Pb236993

スポンサーリンク

Pb236994
Pb236998
Pb237001
Pb237002
Pb237010

スポンサーリンク

Pb237017
Pb237018
Pb237021

ついでに、二つ目の大きなお世話ですが、せっかくの旧い街並みに車が駐車している。また、車が走っている。車は車でも、人力車ならともかく。出来るだけ近代的な車を避けて撮るのに苦労しました。昼間、観光客の来られる時間帯だけでも車の制限とか・・・これは、内子の町長さんへのお願いですね。
ここまできたら、三つ目の大きなお世話。
街並みをブラブラ歩いていたら、年増のおばちゃんグループの話し声。
「そう言えば、この前、こんな街並みの所へ行ったよね」
「あの時の街は、柳井の白壁の街よ」

なんと、私の生誕の地、柳井の名前が・・・・喜んだのはよかったが、次の言葉が悪かったですよ。
「あの街は食べ物屋がなくて、殆どの人が昼食を食べ損なって、バスの中で大騒ぎになったよねえ・・・・」
私は、顔をそむけて、静かに立ち去りました。柳井の市長さん、なんとかしてあげてください。
最後に、チョッとだけ宣伝ですが、柳井の白壁の街、金魚ちょうちんもご覧下さい。

なお、内子の街で撮った人形、珍品、オモチャなどが、それぞれの該当するページにありますので、時間の取れる方は巡回してみて下さい。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る