北海道旅行(十勝川温泉から知床ウトロ温泉へ)開陽台・標津の海岸から国後島と知床・オシンコシンの滝

シェアする

北海道の開陽台、標津の海岸、知床オシンコシンの滝 を紹介します。
P20050601-DSCF0244

観光1日目の2005年6月1日は、十勝川温泉を出発して、先が霞んで見えない真っ直ぐな道路、両側の斜面に雪が残った峠を走り、阿寒湖ではマリモの頭を撫で、霧の無い晴れ上がった摩周湖でシマリスの歓迎を受け、雄大な開陽台からの風景に堪能、標津の海岸では国後島と雪の帽子を被った知床の山に感嘆し、豪快な知床のオシンコシンの滝で水しぶきを浴びて知床ウトロ温泉へ。
まさに、感動の大地 北海道でした。

スポンサーリンク

開陽台

地球が丸くみえたような気もしますが、とにかく雄大な風景。
北海道はデッカイですよ。
P20050601-DSCF0201
P20050601-DSCF0203
P20050601-DSCF0205
P20050601-DSCF0206

スポンサーリンク

P20050601-DSCF0207
P20050601-DSCF0215
P20050601-DSCF0217
P20050601-DSCF0219

スポンサーリンク

標津の海岸から国後島と知床

頭に雲をいだいた国後島
写真では見えにくいのですが、肉眼ではバッチリ。
右の3枚は知床の山。3枚の写真をつないで、パノラマ写真にしてご覧下さい。
P20050601-DSCF0233
P20050601-DSCF0224
P20050601-DSCF0225
P20050601-DSCF0226

スポンサーリンク

知床オシンコシンの滝

国道の傍はオホーツク海。
反対側は豪快なオシンコシンの滝。音も豪快、水しぶきも豪快。
ただ一つ残念だったのは、駐車場に建てられた建築費1億円の厠所
使用させて貰いましたが、写真を撮るのを忘れました。(どなたか撮られた方はありませんか?)
P20050601-DSCF0243
P20050601-DSCF0244
P20050601-DSCF0251
P20050601-DSCF0250

スポンサーリンク

バスの車窓から

白樺の林、残雪、とにかく広い畑・・・・・
バスでの移動中も退屈する暇はありませんでした。
P20050601-DSCF0147
P20050601-DSCF0150
P20050601-DSCF0234
P20050601-DSCF0235
P20050601-DSCF0236
P20050601-DSCF0239

お知らせ

阪急交通社福岡添乗員の姉川さん、及び、斜里バスガイドの田中さん、有難う御座いました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る