北海道旅行(十勝川温泉から知床ウトロ温泉へ)十勝川温泉・阿寒湖・摩周湖

シェアする

北海道の十勝川温泉、阿寒湖、摩周湖 を紹介します。
P20050601-DSCF0162

観光1日目の2005年6月1日は、十勝川温泉を出発して、先が霞んで見えない真っ直ぐな道路、両側の斜面に雪が残った峠を走り、阿寒湖ではマリモの頭を撫で、霧の無い晴れ上がった摩周湖でシマリスの歓迎を受け、雄大な開陽台からの風景に堪能、標津の海岸では国後島と雪の帽子を被った知床の山に感嘆し、豪快な知床のオシンコシンの滝で水しぶきを浴びて知床ウトロ温泉へ。
まさに、感動の大地 北海道でした。

スポンサーリンク

十勝川温泉

北海道の夜明けは早いことを知っていて早起き(なんと、2時!)したのですが、油断している間に明るくなっていて、慌ててホテル周辺の探索に出ました。
雪融け水の流れている十勝川の水辺まで行って、帰り道で楽しいものに出会いました。
P20050601-DSCF0062
P20050601-DSCF0068
P20050601-DSCF0070

白髪が半分くらい抜けてしまった、タンポポのお爺さんです。
P20050601-DSCF0082
P20050601-DSCF0080

スポンサーリンク

阿寒湖

P20050601-DSCF0101
P20050601-DSCF0103
P20050601-DSCF0105
P20050601-DSCF0113
P20050601-DSCF0114
P20050601-DSCF0130

スポンサーリンク
マリモ展示観察センターへモーターボートで渡って、マリモの頭を撫でてきました。
P20050601-DSCF0108
P20050601-DSCF0117
P20050601-DSCF0127

展示観察センターへ渡らなくても可愛いマリモが並んでいますが、やはり本物を触りたいものですね。
P20050601-DSCF0143
P20050601-DSCF0144

スポンサーリンク

摩周湖

歌では「霧の摩周湖」ですが、展望台に到着した時は晴れていました。
写真では判りませんが、水の色が綺麗でしたね。
P20050601-DSCF0174
P20050601-DSCF0162
P20050601-DSCF0167
P20050601-DSCF0171

シマリスもクマザサの茂みの中から出てきて大歓迎。
(剥製や、縫いぐるみではありません。活きていますよ!)
P20050601-DSCF0186

お知らせ

阪急交通社福岡添乗員の姉川さん、及び、斜里バスガイドの田中さん、有難う御座いました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る