お知らせ このサイトは、表示速度の改善のためにLolipop内でのサーバー移転が実施されます。実施される日時と所要時間は未定ですが、移転作業の間は閲覧が出来なくなりますので予めご了承願います。

DE10 筑豊一周号パートⅡと九州の特急電車・にちりん・有明

シェアする

1984年2月12日、門司駅で撮影した「筑豊一周号パートⅡ」です。

1984年2月13日、小倉駅の「にちりん」、1984年4月6日、博多駅の「有明」です。
車両は、交流用の485系、先頭車はクハ481です。


2007年-1984年=23年
1984年ですから今(2007年)から23年前の昔話です。
別ページの C56160 SLわかさ号 、 EF5861 つばめ号 より、3年後です。

SL わかさ号 (C56160) ・・・ 祝 福井県置県100年
1981年8月30日、「祝 福井県置県100年」と銘打って記念運転された「SL わかさ号」。 運転されたのは小浜線。 岐阜県の大垣...
EF5861が牽く「つばめ号」
1981年7月25日、岐阜県の大垣から関ケ原の間を、東海道本線の下り線しかない新垂井駅の方へ向けて疾走する、「EF5861」に牽かれた「つば...

この頃は、北は北海道の美幌(網走のそば)、南は九州の久留米まで、あちらこちらへアフターサービスで飛び回っていた時です。
仕事で機械の様子も写真に撮って帰ったほうが判り易いを表向きの理由に、自分の小型のカメラをカバンに忍ばせて出張に出掛けていました。
しかし、自分のカメラ(ここが味噌ですよ)ですからねえ・・・

会社の仕事上の写真をサービスする代わりに、鉄道写真を撮る何秒間か、仕事から離れることを自分だけですが黙認することにしていました。(昔の上司さん、見てますか? 23年も前ですから時効ですぞ。)

このような訳で、九州の日豊本線の苅田に仕事で行った時、また鹿児島本線の久留米に仕事で行った時に、途中駅で乗る列車を待っている時に出会った筑豊一周号パートⅡ特急電車にちりん有明をご覧にいれます。

なお、くれぐれも言い訳をしておきますが、出張が多かったものの、議員諸氏のような空出張はしていません。
また、私は民間企業でしたから、とこぞのようなお手盛り出張手当などは無く、日帰りの場合は定額日当では赤字。宿泊も定額ですから、世間並み以上のホテル・旅館では赤字。東京は上野と、神奈川県は本厚木のカプセルホテルへ泊まったこともありました。公務員の大名行列出張が羨ましかった41年間の会社生活でしたね。(懐かしくて貴重な思い出ですよ)

スポンサーリンク

筑豊一周号パートⅡ

筑豊一周号パートⅡ
1984年2月12日 門司駅
84021212
84021211




そういえば日の丸の旗をつけています。建国記念日だったんですね。
84021214
84021215




にちりん

にちりん
1984年2月13日 小倉駅
84021301
交流用の485系、先頭車はクハ481 です。




有明

有明
1984年4月6日 博多駅
84040601
交流用の485系、先頭車はクハ481 です。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る