錦川鉄道・錦川清流線(4)旧型車両 にしき号 ・ らかん号 ・ かじか号 / 新型車両 せせらぎ号

シェアする

錦川鉄道・錦川清流線・2007年・2008年に撮った旧型車両「にしき号」「らかん号」「かじか号」、新型車両「せせらぎ号」。


錦川鉄道・錦川清流線については、すでに他のページでご紹介していますが、この他にも撮影した写真がパソコン内に残っています。旧い車両も、新しい車両もゴチャ混ぜですが、錦川鉄道・錦川清流線に興味をお持ちの方へご紹介しておきます。
なお、今後も、チョコチョコ撮ったものは、このページに追加してご紹介することにします。

鉄道・船舶
日本の鉄道 錦川鉄道 錦川清流線 錦川鉄道・錦川清流線(1)旧型車両 錦川鉄道・錦川清流線(2)旧型車両 錦...
スポンサーリンク

2007年4月29日 錦帯橋まつり

2007年4月29日は錦帯橋まつり

錦帯橋へ行く時は、岩国駅からバスを利用しましたが、錦帯橋へ近づくにつれて大渋滞。途中でバスを降りて歩くことになりました。帰りは、バスに乗るのも大混雑のため、錦帯橋から川西駅まで歩き、川西駅から岩国駅までJRの岩徳線を利用しました。その川西駅付近と、岩国市街で撮った錦川清流線の車両をご紹介します。

川西駅
錦川清流線の起点
P20070429-IMG_2273

にしき(NISHIKI)号
川西駅付近
P20070429-IMG_2271

にしき(NISHIKI)号
岩国市役所付近
P20070429-IMG_2278

ついでに、川西駅に近づいてくるJR岩徳線の岩国行、キハ40(?)もご覧下さい。
P20070429-IMG_2275
P20070429-IMG_2276

ついでのついでに、オマケです。
2007年4月29日は錦帯橋まつりの一コマ。左の方に大名行列が見えます。
P20070429-IMG_2233

錦帯橋(9-1)錦帯橋まつり(1/3)大名行列・奴道中・別嬪さんの行列
岩国市の「錦帯橋まつり」での、大名行列、奴道中、別嬪さんの行列の様子を紹介します。人一人、猫一匹見えない休日の真昼間の錦帯橋。嵐の前の静けさです。まもなく大名行列・奴道中・他の行列が貸切の錦帯橋を渡ってきます。2007年4月29日は、第30

スポンサーリンク

2007年12月9日 第7回 山代神楽共演大会

2007年12月9日は、岩国市錦町・広瀬高等学校体育館で第7回山代神楽共演大会が開催されましたので、錦川清流線を利用して、岩国から錦町へ行きました。
ポスターには「神楽列車を運行!」と書いてあり、乗車した列車には、八岐の大蛇の胴が飾り付けられていて、雰囲気を盛り上げていました。

第7回 山代神楽共演大会 岩国市錦町広瀬・広瀬高等学校体育館(1/11)
第7回 山代神楽共演大会(岩国市錦町広瀬・広瀬高等学校体育館)の様子を紹介します。第7回 山代神楽共演大会(かぐら / Kagura)2007年12月9日  岩国市錦町広瀬・広瀬高等学校体育館2007年12月9日に岩国市錦町広瀬・広瀬高等学

錦町駅には「新型車両 せせらぎ号 デビュー」と「ありがとう20周年」のポスターや、幕が張られていました。
P20071209-IMG_8465
P20071209-IMG_8472

スポンサーリンク
車両には「20周年ありがとう」のヘッドマークが取り付けられています。
せせらぎ号
P20071209-IMG_8470

らかん号
P20071209-IMG_8475

かじか号(向こう側)
P20071209-IMG_8467

錦川清流線の線路の端の端をご覧下さい。
P20071209-IMG_8469

国鉄(日本国有鉄道)の岩日線は、この線路が延長されて、島根県の日原に結ばれる予定でした。
その時の工事で完成したトンネルは、きらら夢トンネルとして皆さんに親しまれています。
きらら夢トンネルは、とことこトレイン(下の写真に写っています)が運行されていますので、夢のような世界と、温泉をお楽しみ下さい。

きらら夢トンネル(錦川鉄道)
錦川鉄道 錦川清流線の錦町駅の傍にある「きらら夢トンネル」の内部を紹介。 「きらら夢トンネル」は旧国鉄の岩日線の工事途中のトンネルを利用したものです。素晴らしいの一言で絶句した、きらら夢トンネルですJRが国鉄時代に工事を進めていた、山口県の
とことこトレインに乗って、きらら夢トンネル 雙津峡温泉(1/2)
5月5日は毎年恒例の米軍岩国基地の日米親善デー(Friendship Day)ですが、2013年は米国の財政難のために中止になりました。中止が発表されたのは2013年4月16日。毎年5月5日は写真撮影のために米軍岩国基地の中へ。前日は飛行の

スポンサーリンク

2008年11月30日 第8回 山代神楽共演大会

2008年11月30日は、岩国市・美川体育館(旧河山小学校)で第8回山代神楽共演大会が開催されましたので、錦川清流線を利用して、岩国~河山間を往復しました。


この日は、岩国駅での乗客の多くが、新幹線の接続駅である御庄(みしょう)駅で下車。
そういえば、0系新幹線の定期運転の最終日だったんですね。気が付いたのは御庄(みしょう)駅へ到着する前。私は目的が神楽ですから、そのまま行きました。

第8回 山代神楽共演大会(1/12)岩国市美川町河山
山代神楽共演大会(岩国市美川町河山 美川体育館・旧河山小学校)の様子を紹介します。第8回 山代神楽共演大会(かぐら / Kagura)2008年11月30日 岩国市美川町河山 美川体育館(旧河山小学校)2008年11月30日に、岩国市美川町

下は、珍しくもない写真ですが、北河内(きたごうち)駅で出会ったせせらぎ号です。
P20081130-P1080949

錦川清流線の前の国鉄岩日線の頃は、河山駅から鉱石を積んだ列車が走っていましたよね。
河山駅には、その遺物が残っています。
P20081130-P1080997

下の写真は、引込み線のポイントの切替装置です。人力の手動式で、ワイヤーロープが掛かっていた輪が残っています。
P20081130-P1080996

また、引込み線に使っていたレールも残っていますよ。
P20081130-P1080998

お知らせ

nishikigawatetsudou
錦川清流線については、こちらをご覧下さい。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る