北京 (Beijing) 雍和宮

シェアする

北京最大のラマ教の寺院である雍和宮。地上18m、さらに地下へ8m埋め込まれた白檀の1本の木で作られた万福閣の弥勒菩薩像は、大き過ぎて、写真を撮る気力を消失してしまいました。
P120-DSCF0422

安物のガイドブックには紹介されていない雍和宮(雍和宫)。信仰心のある方はご覧下さい。
北京最大のラマ教の寺院です。
建物には、漢語チベット語モンゴル語満州語で書かれた表札(?)が掛けられています。
やはり「線香」と呼ぶのでしょうか?日本のより大きいものですが・・・・若い娘さんがお祈りされていました。受験戦争が厳しいのかなあ?と、勝手に想像して見ていました。

スポンサーリンク

雍和宮/雍和宫

広角でも入りきらない大きな建物。
万福閣弥勒菩薩像は、地上18m、さらに地下へ8mの白檀の1本の木で造られているとのこと。説明を聞いただけで、写真を撮る気力は消えうせました。
P120-DSCF0420
P120-DSCF0421
P120-DSCF0424
P120-DSCF0425

スポンサーリンク

P120-DSCF0428
P120-DSCF0429P120-DSCF0431
P120-DSCF0432

スポンサーリンク

P120-DSCF0436
P120-DSCF0437
P120-DSCF0438

スポンサーリンク

漢語チベット語モンゴル語満州語

漢語チベット語モンゴル語満州語
あなたは、どれが読めますか?
P120-DSCF0426
P120-DSCF0433
P120-DSCF0439

スポンサーリンク

判りますか?

判りますか?
賽銭を投げて、海原のような所へ乗っかれば天国へ。下に落ちたら※※へ。
今年の初詣の運を、北京へ置いて帰るわけにはいきませんので、チャレンジしてみたかったのですが止めときました。ご覧の皆様は、北京旅行の時に、ぜひお試し下さい。
P120-DSCF0434
P120-DSCF0435

お知らせ

雍和宮(雍和宫)の動物たちは、北京で出会った動物たちをご覧下さい。

北京で出会った動物 大熊猫、獅子、龍、麒麟、鳳凰、鶏、酉、鶴、亀、鹿、象、牛、駱駝、蝙蝠など
北京で出会った珍しい動物、「大熊猫、獅子、龍、麒麟、鳳凰、鶏、酉、鶴、亀、鹿、象、牛、駱駝、蝙蝠」などです。 中国と言えば、パ...
北京 (Beijing) 5つの世界遺産を巡る北京の旅
北京の5つの世界遺産(万里の長城、故宮、頣和園、明の十三陵、天壇公園)、他を巡る添乗員なしの格安旅行に参加しました。 5つの世界遺産を...
5つの世界遺産を巡る北京の旅 日程・コース・観光地
北京の5つの世界遺産(万里の長城・八達嶺長城、故宮、頣和園、明の十三陵、天壇公園)を巡る格安旅行の日程、コースを紹介します。 ツアーの...

阪急交通社福岡、及び、東華旅行社ガイドの高さん、有難う御座いました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る