イタリアといえば カメオ

シェアする

このページの目次

イタリアといえばカメオ(Cammeo)。私の目で見て、私の手で触って、ミヤゲに一つだけ買ってきました。
Pb1315612

イタリアと言えば、ファッションに興味のない私にとっては、ヴェネツィアン・グラス(Venezian Glass/Venetian Glass)カメオ(Cammeo)ですね。

ポンペイの遺跡からナポリ(Napoli)へ向かう途中で、ポンペイ(Pompei)の工房に立ち寄り、実際に彫刻しているところを見せてもらいました。
実に細かい手仕事。気の短い私には出来ません。

スポンサーリンク

カメオ (Cammeo)

日本語は訛りのある日本人より上手。
その昔、La pioggiaを唄ったGigliola Cinquettiさん以上のベッピンさん。
超美人のイタリアの娘さんの言葉に惑わされてしまい、一つ買ってしまいました。

一つずつ見せてもらいましたが、なんと細かい彫刻。夏休みの宿題の貝殻集めに使うにはチョッと高価過ぎますね。
kameo1 kameo2
Pb182313

スポンサーリンク

kameo3 kameo8
Pb182314

スポンサーリンク

kameo6 kameo7
Pb182312

スポンサーリンク

kameo4 kameo5
kameo9 kameo10

値段は???
さすがにこれは、値段を聞く気にもなりませんでした。
Pb131564

ところで、皆さんの中でGigliola Cinquettiさんをご存知の方はありますか?
その昔、Non Ho L’Etaも大ヒットしましたよね。

amazon.comで探してみましたら、まだまだ売っていましたよ。(私は、La pioggiaNon Ho L’Etaも時々聴いています。)

おっと、もう一人思い出しました。Anna Identiciさん。
日本人でも誰でも知っているIl Valzer delle candele
これは、さすがにamazon.comにはなかったです。

Nini Rossoのトランペット演奏、Il Ponte Di Waterlooでも聴きますかね。

お知らせ

イタリアの旅
阪急交通社のイタリア旅行で、ポンペイ、ナポリ、ローマ、ヴァチカン市国、フィレンツェ、ピサ、ヴェネツィア、ヴェローナ、ミラノを回りました。 ...
イタリア ポンペイ
ヴェスヴィオ火山の噴火で1900年間も火山灰に埋もれていたポンペイの遺跡。 さすがに石造りの頑丈さには感心しました。 発掘されたポン...

阪急交通社福岡添乗員の吉田さん、有難う御座いました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る