ドイツ リューデスハイム、ライン河、ザンクト・ゴアール

シェアする

リューデスハイムでライン河下りに乗船。ドイツ到着後の最初の観光は、ドロッセル通り(つぐみ横丁)でした。ザンクト・ゴアールで下船。
P5140033

5月14日午前6時、フランクフルト空港に着地。23年ぶりのドイツであり、23年ぶりのフランクフルト空港です。

23年前は仕事で、デュッセルドルフ、ゾーリンゲン、エルケレンツ、ケルン、シュトゥットガルトを、ネクタイスーツ姿で廻りましたが、今回は観光だけが目的の気楽な旅行。

先ずは、リューデスハイム(Rüdesheim)へバスで向かって、ザンクトゴアール(St. Goar)迄のライン河下り(Rhein Fahrt)から始まりです。

そう言えば23年前は、ゾーリンゲン(Solingen)ツヴィリン J.A. ヘンケルス(Zwilling J.A. Henckels)の売店で、包丁、鋏、果物ナイフなど、刃物を大小あわせて約60本、土産に買ってきました。 なにしろ安くしてもらえましたのでねえ。あの双子マーク。今でも切れ味は抜群。まだ使っています。

あの当時の日本への再入国は、全員が荷物検査でしたね。
検査台の上でスーツケースを開いたら、刃物の山。刃物がダイヤモンドのようにキラキラ輝いていたのを思い出しました。(あの時は、税関に税金を約2000円ばかり払いましたよ。)

あの頃は、飛行機の出発地によって検査の厳しさが変わり、目の前の新婚さんらしき二人連れは下着まで出されて、スーツケースの底まで徹底的に調べられていました。
昔も今も、総務省のお役人である税関の職員の趣味が見え隠れしている検査ではありますが・・・

スポンサーリンク

リューデスハイム(Rüdesheim)

フランクフルトからリューデスハイム(Rüdesheim)へ到着。
P5140011

ドイツで最初に目に入った可愛い人形のある店。
この建物の左隅のショーウインドウにありました。
P5140022

ドロッセル通り(Drosselgasse)日本語でつぐみ横丁です。
P5140012
P5140018
P5140014
P5140016

スポンサーリンク

ライン河下り(Rhein Fahrt)

このページは最小限の写真しか掲載していませんので、ローレライを聴きながらドイツのライン河下りのページでライン河両岸に次々と現れる古城とともに風景をご覧下さい。

ドイツ ライン河下り
リューデスハイムから、ザンクト・ゴアールまで、次々と現れる古城を眺めながらライン河下り。ライン河の両岸は列車が疾走。途中で、ローレライの曲が...

遊覧船の船上です。ピクニックの親子連れのグループや、ノルウェーからのツアーのグループなどで大賑わいでした。ノルウェーからのツアーのグループとは、翌日、ローテンブルグで再開しました。お互いの楽しい旅行を祈って、手を振って別れました。
P5140033
P5140071

ローレライ(Die Loreley)
P5140068

スポンサーリンク
ローレライ(Die Loreley)が近づくと、遊覧船にはローレライの曲が流れてきました。あなたには崖の頂上の水の精が見えますか?
船上で、ドイツの若い娘さんを見て鼻の下を伸ばしている男性には、水の精は見えないそうですよ。手摺にしっかり掴まって、ライン河に引き込まれないようにして下さい。
そういえば、昔、日本にはエンコウがいて、ドブ池や淵の近くを若い娘さんが通りかかると現れて、尻(肛門)から手を入れて、内臓を取り出して食べたり、血を吸ったりすると聞いていました。
同じ捕まるにしても、日本のエンコウよりライン河の水の精の方がいいですね。

行き交う船です。
P5140050
P5140052
P5140057

ザンクトゴアール(St. Goar)の近くで、こんな船に出会いました。
P5140075

スポンサーリンク

[雑学] エンコウについて

漢字を思い出そうとしましたが思い出せません。同じように何かを吸いとりますが、援交とは違います。鼻の下の長い、スケベーな男性諸氏はお間違えのないように。

参考サイト
エンコウ淵
怪異・妖怪データベース
エンコウ岩
西城川のエンコウ淵
願万寺淵のエンコウ


[乗りかかった船]
話がライン河から遠くへ離れていきますが、これは、何にでも興味を持って調査するGARAKUTA Villageの特長です。
エンコウの漢字が判りました。
猿猴


昔、今から50年以上も前になりますねえ。
近所の娘さん(その当時は女学生です)が、「昨夜、エンコウに捕まって、尻から手を入れられて、気持ち良かったよ。」
「あれは、※※寺のスケベー和尚の夜這いではなかったっけ?」なんて、話に花が咲いていましたね。


猿猴の話は、中国地方に多いですね。河童のことだろうと思いますがライン河には縁遠い話でした。

ザンクトゴアール(St. Goar)

ザンクトゴアール(St. Goar)で遊覧船を降りたら、日本とフランスとアメリカの国旗を付けたお迎えの車、ブルク・エキスプレス(Brug Express)が待ち構えていました。
が・・・、残念ながら乗れませんでした。
P5140079
P5140077

お知らせ

JTB九州旅物語センター添乗員の近藤さん、有難う御座いました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る