「TCP Monitor Plus」 が「Error!! socket() = 10013」エラーで働かない

シェアする

私の3台のパソコンは、2012年11月にWindows 8にアップしてから1年と3ケ月が経過。
途中で、さらにWindows 8.1にアップして使用していますが、やはり、昔の人が言った「慌てる乞食は貰いが少ない」とは、私のことを言い当てているような気がしています。
Windows 7では問題なかったソフトが働かなくなったり・・・
3台の内1台は昨年(2013年)の12月31日にWindows 8.1からWindows 7にダウンする始末。

「TCP Monitor Plus」を「管理者権限」で実行(Windows 10)
「TCP Monitor Plus Ver2.71」が、「Error!! socket()=10013」 2015年8月1...
スポンサーリンク

Windows 8、Windows 8.1で 「TCP Monitor Plus」 がエラーで働かない(Windows 8、 8.1の例 )

インターネットを活用している私にとって、「TCP Monitor Plus」は、通信状態を確認したり、ホームページのアクセスログに記録されたIPアドレスから国名を調べたり、非常に、重宝して使用しています。
世の中の趨勢としては、この様なツールは少なくなっていますが、まだまだ使用しておられる方が多いようですね。

ところで、この「TCP Monitor Plus」ですが、Windows 8Windows 8.1 にしたら「TCP Monitor Plus」がエラーを発生して働かなくなったとのことを度々聞くようになりました。
私もエラーで働かなくなった一人です。
そのエラーは、「Error!! socket() = 10013」。

SC20130701-071001-00

TCP Monitor Plus」をお使いの皆さんのパソコンで、「TCP Monitor Plus」を起動して「Error!! socket() = 10013」とエラー表示された場合は、試しに「管理者権限で実行」してみて下さい。
働いてくれるはずです。

この他にも Windows 8、Windows 8.1 にしたら働かなくなったソフトが現れたら、「Windows 8で、常に「管理者権限」で実行する」の設定を試してみて下さい。
いくつかのソフトは、これで働くようになることでしょう。

設定方法は、 「Windows 8で、常に「管理者権限」で実行する」のページで紹介していますので参考にして下さい。

常に「管理者権限」で実行する
2012年11月16日にWindows 8化したGARAKUTA激安パソコン(No.1)ですが、アップグレード版を適用したために従来...

これで働かないようなソフトは、 Windows 8、Windows 8.1 に対応するのを待つか、 Windows 8、Windows 8.1 を Windows 7 に戻すなどのことも考えなくてはならないこともあります。

私は Windows 8、Windows 8.1 のアップが早過ぎて、働かないソフトに業を煮やし、3台のうち1台を Windows 7 に戻してしまいました。・・・参考までに

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る