タスクバーを不透明にする・・・その1

シェアする

2012年11月16日にWindows 8化したGARAKUTA激安パソコン(No.1)ですが、アップグレード版を適用したために、従来のWindowsのアップグレード版と同様の問題が発生してしまい、2013年6月28日に、Windoew 8 Pro 64bit DSP版クリーンインストールして入れ替えました。

常用パソコンの Windows 8 化
GARAKUTA激安パソコン(No.1)のマザーボードは激安のGIGABYTEのGA-G31M-S2L。 Windows 8 に対応したD...
Windows8 Pro 64bit DSP版をクリーンインストール
2013年6月28日 GARAKUTA激安パソコン(No.1)の Windows 8 を入れ替え GARAKUTA激安パソコン(No....

アップグレード版をインストールした時は、それまでの Windows 7 の時の環境を引き継いでいたので、一部の設定変更で使い勝手は殆どが元に戻せましたが、このたびはクリーンインストールですから、一から使い勝手の環境整備が必要になりました。

スポンサーリンク

状況(Windows 8の例)

Windoew 8 Pro 32bit アップグレード版の時にはWindows 7 を引きずっていたのでなかったのでしょうが、Windoew 8 Pro 64bit DSP版クリーンインストールしてから、タスクバー半透明になり、私のような目が衰えてきた者にとっては、極めて優しくないWindowsになってしまいました。

タスクバーに他のウィンドウが重なっていない時は、私のボラ目でも見えますが、
SC20130706-073116-02

他のウィンドウと重なると、タスクバーが見え難くなって困り果てています。
SC20130706-073027-02

Windows 8 内に、「タスクバーを不透明にする」設定はあるはずだと思って、コントロールボックス他の諸々の設定場所を手当たり次第探しましたが、見つけることができませんでした。

Windows 8 からは不透明には出来なくなったのかなと諦めて、フリーソフトを探すことにしました。

探し回った結果、「Opaque Taskbar」なるフリーソフトがみつかりました。

スポンサーリンク

Opaque Taskbar」を使って、Windows 8のタスクバーを不透明にする

ダウンロードした「Opaque Taskbar」には、32bit版と64bit版の2つが入っていましたので64bit版を使いました。

1.「Opaque Taskbar」を起動する。
SC20130706-085329-02

2.「Opaque Taskbar」のウィンドウが開くので、「Disable transparency at Windoes
startup
」にチェックを付ける。・・・これでWindows 8 のスタートアップに登録され、Windows 起動時に「Opaque Taskbar」が起動されるようになる。
SC20130706-103951-02

3.スタートアップへの登録の確認ウィンドウが開くので「OK」を押す。
SC20130706-104010-00

4.「Disable Taskbar Transparency」をクリックする。
SC20130706-103951-03

5.以上の操作で、Windows 8のタスクバーは不透明になる
SC20130706-103442-02


6.もし、半透明化したタスクバーに戻したいと、気が変わった時には、
SC20130706-103317-02
Enable Taskbar Transparency」をクリックする。

スポンサーリンク
関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る